ビジネス文書と文例集なら直子の代筆
「直子の代筆」をダウンロード

直子の代筆は無料でご利用いただけます

無料で使える「直子の代筆」は時候の挨拶もふさわしいものを選択できます。 質問に答えるだけで 自動生成される手紙(ビジネス文書、挨拶文やスピーチ原稿)は、数百万通り!

「直子の代筆」を使えば質問に答えるだけで手紙の作成が自動でおこなわれ、テンプレートも自由に変更可能です。
◆ 離婚した人を慰める
 分野:文例集
◆ 文例についての説明:
個人的な手紙(パーソナルメール)の文例です。離婚した友人を慰める手紙の例文になります。
前略 ずいぶん長い間お考えになり、またお悩みになったことでしょうが、あなた方の決断は最良であったと思います。本当によくやった、などと書きますと怒られてしまうでしょうか。人生はこれからなのですから、この決断は最良であったと思います。

一般に離婚というのは暗いイメージがありますが、決してそんなことはありません。実際にこれを機会にあなたは今までと違った、まったく新しい人生を歩み始めるのですから。結婚は人生にとって大きな出来事であるのと同様に、離婚もやはり大きな出来事であることにはかわりありません。しかし結婚も離婚も、人生の一部でしかありえないのです。働き盛りなのですから、気合いを入れてこれからがんばって下さい。

これからはお子さんの問題だけは気がかりでしょうが、以外と子供は理解してくれるものです。あまり心配しないで、何かありましたら気軽に私のところへ相談して下さい。とにかく自分を信じて、堂々と胸を張って生きていって下さい。

新しい人生のはじまりを祝福し、これからの幸せをお祈り致します。

草々


- ワンポイント -

慰めという点では「お悔やみ」や「お見舞い」の手紙と似通ったところもありますが、慰める場合には相手に心からの同情を示しつつ、冷静な判断、客観的な視点にたったアドバイスが入ったり、ユーモアを交えたり、とにかく現状を打開しようと言う意志が入るところが特徴となります。

自分の経験を語って例にするのはかまいませんが、お説教口調になることは避けます。相手を励ますと同時に、まだ未来があるのだということを強調して下さい。

いまではバツイチという言葉が一般的になっているように、離婚は恥ずかしいことではありませんが、そのことを強調すると逆効果になります。

本例文を自動生成した「直子の代筆」では、質問に答えるだけで文書を作成します。 「直子の代筆」は以下より自由にダウンロードしてお使いいただけます。

直子の代筆 ダウンロードページへ

・直子の代筆とは
かつてはsharp「書院」などの専用ワープロに標準装備され、現在もwindows版などが市販されている「自動文書生成ソフト」です。 インターネット版は無料でご利用いただけます。