ビジネス文書と文例集なら直子の代筆

◆ 時候の挨拶/季節の挨拶: 2月 [二月・如月・更衣(きさらぎ)]

無料で使える「直子の代筆」は時候の挨拶もふさわしいものを選択できます。質問に答えるだけで 自動生成される手紙(ビジネス文書、挨拶文やスピーチ原稿)は、数百万通り!
下記の季節の挨拶集(時候の挨拶)は「直子の代筆」に登録されているものの一部です。 「直子の代筆」を使えば質問に答えるだけで手紙の作成が自動でおこなわれ、テンプレートも自由に変更可能です。

時候の挨拶一覧 | ビジネス文書 | 個人文書 | スピーチ原稿 | 冠婚葬祭

分野:

←1月へ

 上旬・中旬・下旬は大体の目安とお考えください。ただし、二十四節気の「立春(2/4日)」や「雨水(2/18〜19頃)」を使う場合は注意が必要です。

・立春の候、ますますご繁栄のこととお喜び申し上げます。いつも一方ならぬお力添えにあずかり、誠にありがとうございます。(2月上旬)

・いくらか寒さもゆるみ、ますますご健勝の事とお喜び申し上げます。いつも一方ならぬお力添えにあずかり、誠にありがとうございます。(2月中旬・下旬)

・向春のみぎり、いよいよ御清祥のこととお喜び申し上げます。その後おかわりございませんでしょうか。(2月中旬・下旬)

・時下ますます御健勝のこととお喜び申し上げます。何かとお心にかけて下さいましてありがとうございます。(2月上旬・中旬・下旬)

・梅のつぼみもまだ堅いようですが、ますますご健勝のほどお喜び申し上げます。(2月上旬・中旬)

・長い冬もいよいよ終りに近づいてきましたが、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。(2月下旬)

・余寒なお去りがたきおりから、皆様お元気でお過ごしでしょうか。(2月中旬・下旬)

・梅かおるの候、ご清栄のこととお喜び申し上げます。いつもお世話になり、誠にありがとうございます。(2月下旬)

・雪の消え間に久しぶりで黒い土が見えはじめましたが、皆様ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。(2月中旬・下旬)

・立春の候、ますますご繁栄のこととお喜び申し上げます。いつも一方ならぬお力添えにあずかり、誠にありがとうございます。(2月上旬)

・いくらか寒さもゆるみ、皆様にはますますご健勝の事とお喜び申し上げます。いつも一方ならぬお力添えにあずかり、誠にありがとうございます。(2月中旬・下旬)

・向春のみぎり、いよいよ御清祥のこととお喜び申し上げます。(2月中旬・下旬)

・時下ますます御健勝のこととお喜び申し上げます。何かとお心にかけて下さいましてありがとうございます。(2月上旬・中旬・下旬)

・梅のつぼみもまだ堅いようですが、皆様にはますますご健勝のほどお喜び申し上げます。いつも一方ならぬお力添えにあずかり、誠にありがとうございます。(2月上旬・中旬)

・長い冬もいよいよ終りに近づいてきましたが、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。(2月下旬)

・余寒なお去りがたきおりから、ますますご発展の事お喜び申し上げます。(2月中旬・下旬)

・梅かおるの候、皆様ご清栄のこととお喜び申し上げます。いつも一方ならぬお力添えにあずかり、誠にありがとうございます。(2月下旬)

・雪の消え間に久しぶりで黒い土が見えはじめましたが、皆様ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。(2月中旬・下旬)