ビジネス文書と文例集なら直子の代筆

◆ 時候の挨拶/季節の挨拶: 3月 [三月・弥生(やよい)]

無料で使える「直子の代筆」は時候の挨拶もふさわしいものを選択できます。質問に答えるだけで 自動生成される手紙(ビジネス文書、挨拶文やスピーチ原稿)は、数百万通り!
下記の季節の挨拶集(時候の挨拶)は「直子の代筆」に登録されているものの一部です。 「直子の代筆」を使えば質問に答えるだけで手紙の作成が自動でおこなわれ、テンプレートも自由に変更可能です。

時候の挨拶一覧 | ビジネス文書 | 個人文書 | スピーチ原稿 | 冠婚葬祭

分野:

←2月へ

上旬・中旬・下旬は大体の目安とお考えください。ただし、二十四節気の「啓蟄(3/5〜6日頃)」や「春分(3/20〜21頃)」を使う場合は注意が必要です。またお彼岸は春分を中日とした前後各3日を合わせた7日間になります。

・寒さもようやく衰えはじめましたが、皆様ますますご健勝のほどお喜び申し上げます。いつもお世話になり、誠にありがとうございます。(3月上旬・中旬)

・めっきり春らしくなってまいりましたが、いかがお過ごしでしょうか。(3月中旬・下旬)

・暑さ寒さも彼岸までと申しますように過ごしやすい季節となりましたが、皆様にはますますご清栄のこととお喜び申し上げます。(3月中旬・下旬)

・まことにしのぎよい時節となりましたが、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。いつも一方ならぬお力添えにあずかり、誠にありがとうございます。(3月上旬・中旬・下旬)

・暑さ寒さも彼岸までと申しますが、まだまだ寒い日が続いております。皆様いかがお過ごしでしょうか。(3月中旬・下旬)

・ひと雨ごとに春の陽気を増してまいりますが、いよいよご発展のほどお喜び申し上げます。いつも格別なお引き立てを賜り厚くお礼申し上げます。(3月下旬)

・梅も散り、花桃のつぼみもだいぶふくらんできましたが、皆様ますますご健勝のほどお喜び申し上げます。いつも格別なお引き立てを賜り厚くお礼申し上げます。(3月中旬・下旬)

・天も地もすっかり春のよそおいをこらしてきましたが、ますますご健勝の事と存じます。(3月下旬)

・時下ますますご健勝のほどお喜び申し上げます。いつも一方ならぬお力添えにあずかり、誠にありがとうございます。(3月上旬・中旬・下旬)

・皆様にはますますご健勝の事と存じます。いつも一方ならぬお力添えにあずかり、誠にありがとうございます。(3月上旬・中旬・下旬)

・早春の候、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。(3月上旬)

・寒さもようやく衰えはじめましたが、皆様ますますご健勝のほどお喜び申し上げます。いつも一方ならぬお力添えにあずかり、誠にありがとうございます。(3月上旬・中旬)

・めっきり春らしくなってまいりましたが、ますますご発展の事お喜び申し上げます。(3月中旬・下旬)

・暑さ寒さも彼岸までと申しますように過ごしやすい季節となりましたが、貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。(3月中旬・下旬)

・まことにしのぎよい時節となりましたが、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。いつも一方ならぬお力添えにあずかり、誠にありがとうございます。(3月上旬・中旬・下旬)

・ひと雨ごとに春の陽気を増してまいりますが、貴社いよいよご発展のほどお喜び申し上げます。いつも格別なお引き立てを賜り厚くお礼申し上げます。(3月下旬)

・梅も散り、花桃のつぼみもだいぶふくらんできましたが、皆様ますますご健勝のほどお喜び申し上げます。いつも格別なお引き立てを賜り厚くお礼申し上げます。(3月中旬・下旬)

・天も地もすっかり春のよそおいをこらしてきましたが、皆様にはますますご健勝の事と存じます。いつも一方ならぬお力添えにあずかり、誠にありがとうございます。(3月下旬)

・時下ますますご健勝のほどお喜び申し上げます。いつも一方ならぬお力添えにあずかり、誠にありがとうございます。(3月上旬・中旬・下旬)

・皆様にはますますご健勝の事と存じます。いつも一方ならぬお力添えにあずかり、誠にありがとうございます。(3月上旬・中旬・下旬)

・早春の候、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。(3月上旬)