ビジネス文書と文例集なら直子の代筆
「直子の代筆」をダウンロード

直子の代筆は無料でご利用いただけます

無料で使える「直子の代筆」は時候の挨拶もふさわしいものを選択できます。 質問に答えるだけで 自動生成される手紙(ビジネス文書、挨拶文やスピーチ原稿)は、数百万通り!

「直子の代筆」を使えば質問に答えるだけで手紙の作成が自動でおこなわれ、テンプレートも自由に変更可能です。
◆ 寄付金の依頼
 分野:文例集
◆ 文例についての説明:
個人的な手紙(パーソナルメール)の文例です。 寄付のお願い(寄付金のお願い)の例文になります。 ボランティア団体、NPO団体、町内会、OB会、チャリティー等での寄付の依頼状や寄付のお願いの手紙を書くときのテンプレートとして、参考としてお使い下さい。
拝啓 時下ますます御清栄のこととお慶び申し上げます。

さて、この度町内会では神社の補修をする事にともない、寄付金をお願いすることになりました。各方面の有志の方々には、宜しくご協力、ご協賛を賜りたく存じます。

寄付金は一口1000円でございます。本趣旨に対し何分のご配慮を賜り宜しくご寄付いただければ幸いと存じます。皆様のご協力がなくてはこの計画は進みませんので是非ご協力下さい。

本趣旨にご賛同いただけます場合は、別紙ご寄付申し込み書に必要事項をご記入の上銀行振込にてご送金下さい。

とりあえず書中にてお願い申し上げます。

- ワンポイント -

趣旨を明確に書き、その寄付によって今まで功績があった事例などを掲げます。団体が知られていない場合は、活動の状況などの説明も必要になります。
定期的に行われる場合は、その伝統を書くのも良いでしょう。

本例文を自動生成した「直子の代筆」では、質問に答えるだけで文書を作成します。 「直子の代筆」は以下より自由にダウンロードしてお使いいただけます。

直子の代筆 ダウンロードページへ

・直子の代筆とは
かつてはsharp「書院」などの専用ワープロに標準装備され、現在もwindows版などが市販されている「自動文書生成ソフト」です。 インターネット版は無料でご利用いただけます。