ビジネス文書と文例集なら直子の代筆
「直子の代筆」をダウンロード

直子の代筆は無料でご利用いただけます

無料で使える「直子の代筆」は時候の挨拶もふさわしいものを選択できます。 質問に答えるだけで 自動生成される手紙(ビジネス文書、挨拶文やスピーチ原稿)は、数百万通り!

「直子の代筆」を使えば質問に答えるだけで手紙の作成が自動でおこなわれ、テンプレートも自由に変更可能です。
◆ 社葬の弔辞(故人が取引先会社の管理職の場合)
 分野:スピーチ原稿 文例集
◆ 文例についての説明:
スピーチの文例です。 葬儀、葬式、通夜、告別式などでの挨拶のサンプル(例文、テンプレート)として、参考にしてください。
謹んで大栄株式会社、故加藤社長の御霊前に申し上げます。
あなたが突然不帰の客となられましたことは、私達にとりまして胸ふさがれる思いであり、ここに深く哀悼の意を表するものであります。
あなたは大栄に入社なさって以来、40年の間、私どもの会社とおつき合いくださいました。その間には、いろいろなことがありました。こうして目を閉じますと、失敗したときには励まして下さり、気が緩みかけた時には御忠告下さいました加藤さんのお顔が脳裏に浮かんで参ります。

【故人は成功者の筈ですので、なにか成功の転機となったエピソードや、 故人の座右の銘を引用したエピソードなどを取り込んで下さい】

しかし、あなたを失いました今、いたずらに悲嘆にくれ過去に因われてしまうことはあなたの御恩に報いることにはなりません。加藤さん、これからは有りし日のあなたを見習って、今度は私どもが御恩返しできるよう頑張る決意でございます。どうか後顧の憂い無く、安らかにお眠りください。あなたの偉大な功績と御人徳に深く敬意を表するとともに心より御冥福をお祈り申し上げます。

- ワンポイント -

通夜や葬儀の場では決して口にしてはならない忌み言葉があります。おなじ文句を繰り返す、いわゆる重ね言葉というものなどです。

【忌み言葉の例】
かえすがえすも・くれぐれも・再び・重ねて・追って・たびたび・さらに・ついで・またまた、などです。

なお、宗教による言葉の使い分けにもご注意下さい。
仏教→「成仏」「ご冥福」「御供養」
キリスト教→「昇天」「天に召された」

【焼香の仕方】
立礼の場合左手に数珠を持ち、焼香台の3歩手前に立って、僧侶に一礼します。それから戒名と故人の遺影に注目して一礼致します。それから焼香台の前に進み、両手に数珠をかけ合掌してから焼香台の香箱から右手の親指・人差指・中指で香をつまみ、ちょっと押しいただいてくべます。普通は一回です。くべたら右手を元のように数珠に入れて合掌します。それから左手に数珠を持ち、はじめの位置へ戻ります。そこで一礼して後、僧侶に一礼して、自分のもとの位置へ戻ります。

【線香の場合】
香を焚かずに線香をたくことがあります。この場合は線香を1本か2本とって、そばの蝋燭で火をつけます。それを消して香炉に立てますが、絶対に口で吹き消してはいけません。これはかならず手であおいで消します。

+++混乱したら前の人の真似をしましょう+++

本例文を自動生成した「直子の代筆」では、質問に答えるだけで文書を作成します。 「直子の代筆」は以下より自由にダウンロードしてお使いいただけます。

直子の代筆 ダウンロードページへ

・直子の代筆とは
かつてはsharp「書院」などの専用ワープロに標準装備され、現在もwindows版などが市販されている「自動文書生成ソフト」です。 インターネット版は無料でご利用いただけます。