ビジネス文書と文例集なら直子の代筆
「直子の代筆」をダウンロード

直子の代筆は無料でご利用いただけます

無料で使える「直子の代筆」は時候の挨拶もふさわしいものを選択できます。 質問に答えるだけで 自動生成される手紙(ビジネス文書、挨拶文やスピーチ原稿)は、数百万通り!

「直子の代筆」を使えば質問に答えるだけで手紙の作成が自動でおこなわれ、テンプレートも自由に変更可能です。
◆ 四十九日での施主の挨拶
 分野:スピーチ原稿 文例集
◆ 文例についての説明:
スピーチの文例です。 法要での挨拶のサンプル(例文、テンプレート)として、参考にしてください。
本日は故黒川弥太郎の四十九日、忌明けにあたりますので、心ばかりの法要を営みたいと存じまして、生前祖父がとくに親しく親しくおつき合いいただきました皆様に、ご出席をお願い致しました次第でございます。
なにぶん、祖父が亡くなりましてからまだ日も浅く、祖父の遺品を見る度に、在りし日の祖父の姿を思い出しているような状態です。そんな情けない私どもの姿を、きっと祖父は、あの世で、はがゆい思いで見ていたことだろうと思います。が、今日は皆様のお顔を拝見できて、祖父の喜んでいる顔が目に浮かぶようでございます。

【故人の思い出などをお願い致します】

今日は祖父の魂が、この家を離れて行く日でございます。生前のご厚情を皆様に感謝すると共に、これからも残された私どもに御指導御鞭撻下さいますようお願いして、ご挨拶にかえさせていただきます。今日はごゆっくりお過ごし下さいますよう、お願い申し上げます。

- ワンポイント -

@四十九日とは……
仏教では冥土の審判で死者の運命が決まる大事な日とされています。
初七日とともに大がかりな法要が行われます。
宗派によっては五七日に行います。
いずれの場合も、死者の霊が家を離れて行くため忌明けとなります。

【法要の種類(◎は重要な法要です)】
◎初七日 死後7日目
実質的には3〜4日目に行うことも多いようです。遺骨と位牌を安置した祭壇に遺影を飾り、生花や供物を供え僧侶を招いて読経します。近親者や親戚、葬儀のときに世話になった人を招き、茶菓や料理をふるまいます。

二七日(ふたなのか)死後14日目
三七日(みなのか)死後21日目
四七日(よなのか)死後28日目
五七日(ごしちにち)死後35日目

◎七七日(しちしちにち)通常四十九日とも申します。
この日を過ぎると故人は、その家を離れ、忌明けします。香典返しは、このとき行うのが通例で、忌中の貼紙も取り外します。また、お寺または自宅に親戚や知人を招いて、法要を行います。(五七日に行うところもあるようです)

◎百か日

その他
新盆は、死去後、初めて迎えるお盆のことです。
年忌は命日に行います。
一年忌 死去した翌年の命日
三回忌 死去した翌々年の命日(二回忌と言わないところに注意してください)
以下、七回忌・十三回忌・十七回忌・二十三回忌・二十七回忌・三十三回忌・三十七回忌・五十回忌
この後は50年ごとに法要が行われます。

本例文を自動生成した「直子の代筆」では、質問に答えるだけで文書を作成します。 「直子の代筆」は以下より自由にダウンロードしてお使いいただけます。

直子の代筆 ダウンロードページへ

・直子の代筆とは
かつてはsharp「書院」などの専用ワープロに標準装備され、現在もwindows版などが市販されている「自動文書生成ソフト」です。 インターネット版は無料でご利用いただけます。