ビジネス文書と文例集なら直子の代筆
「直子の代筆」をダウンロード

直子の代筆は無料でご利用いただけます

無料で使える「直子の代筆」は時候の挨拶もふさわしいものを選択できます。 質問に答えるだけで 自動生成される手紙(ビジネス文書、挨拶文やスピーチ原稿)は、数百万通り!

「直子の代筆」を使えば質問に答えるだけで手紙の作成が自動でおこなわれ、テンプレートも自由に変更可能です。
◆ 妻と母の不仲を相談する
 分野:文例集
◆ 文例についての説明:
個人的な手紙(パーソナルメール)の文例です。永遠のテーマ、嫁姑問題の相談の汎用的な例文になります。母と妻、両者に挟まれて苦悩する夫の心の叫びをしたためるときの参考にして下さい。
前略 日頃はご無沙汰ばかりして申し訳ありません。筆不精の僕が手紙なんて、と思われたことと思いますが、ぜひ祖母様に相談に乗っていただきたいことがあるのです。

実は母と、僕の妻である令子の仲が悪くて困っているのです。口論になる度に間に入っていた僕も、さすがに疲れてしまいました。みっともない話ですが、最近は家に入るのも億劫になり、自宅に向うと歩調が緩慢になって胃のあたりがシクシクと痛む有様です。

母も令子も気が強いというか、気丈なタイプなのでしょう。どちらも主婦の主導権を握ろうとして、どうでもいいことまで争っているような気がします。そして最終的には、口論のための口論、相手を攻撃するための観察という行動に入っているようです。喧嘩の原因となるのは、男の僕から見るとどうでもいいようなことで些細なことなのです。

もちろん僕にとっては大切な母であり、大切な妻でありますが、同居には無理があったのではないかと思われてなりません。どちらの言い分も聞いて、両方を立てようとした僕にも原因があったのではないかと悩む日々が続いています。

あのとき、どうすれば良かったのだろう。など、埒のないことを考えて輾転反側したまま夜明けを迎えることも多くなってきました。

そこで祖母様、一度拙宅にお越しいただき、母と話してみては下さいませんでしょうか。令子にも会ってやって下さい。僕も出来る限りの努力を致しますが、「男の貴方にはわからない」と言われてしまうと二の句が継げず、祖母様にいらしていただければ、こんな心強いことはありません。

御迷惑とは存じますが、なにとぞ伏してお願い申し上げます。

時節柄、お身体ご自愛下さい。皆様にもよろしくお伝え下さい。

草々


- ワンポイント -

一番注意するのは手紙文の書式ではなく「相談する相手を間違っていないか」ということです。手紙文のポイントは、自分の気持ちや家庭内の状況が正しく相手に伝わることにあります。他人の家庭内のことに口を出すことは誰でも面倒なものですから、相手を動かすだけの説得力を持っているかどうかになります。

素直に心境を吐露して、相手に「私が助けてあげないと、誰が助けてあげられるだろうか」という義侠心を起こさせて下さい。ただし哀願調が強すぎたり自分を卑下しすぎたりすると、かえって相手に不安感や負担を与えますので、ほどほどにしてください。

本例文を自動生成した「直子の代筆」では、質問に答えるだけで文書を作成します。 「直子の代筆」は以下より自由にダウンロードしてお使いいただけます。

直子の代筆 ダウンロードページへ

・直子の代筆とは
かつてはsharp「書院」などの専用ワープロに標準装備され、現在もwindows版などが市販されている「自動文書生成ソフト」です。 インターネット版は無料でご利用いただけます。