ビジネス文書と文例集なら直子の代筆
「直子の代筆」をダウンロード

直子の代筆は無料でご利用いただけます

無料で使える「直子の代筆」は時候の挨拶もふさわしいものを選択できます。 質問に答えるだけで 自動生成される手紙(ビジネス文書、挨拶文やスピーチ原稿)は、数百万通り!

「直子の代筆」を使えば質問に答えるだけで手紙の作成が自動でおこなわれ、テンプレートも自由に変更可能です。
◆ 無理している友人に休職を勧める
 分野:文例集
◆ 文例についての説明:
個人的な手紙(パーソナルメール)の文例です。体や精神面で疲れている友人などの休職するように忠告する手紙の汎用的な例文になります。
前略

実は前から感じていたことなのだが、相当に具合が悪いのではないか?

もちろん頑張り屋の君のことだから、仕事も普通の人のようにこなしているのは知っている。いや、普通の健康な人以上だ。しかし伸びきったゴムが、ある日突然に切れるように、君の身体がどうかなってしまうのではないかと、本当に心配なのだ。

どうだろう、思い切って休職して、徹底的に治療をしてみたら…………。

もちろん休職してしまえば仕事は不利になるだろう。しかし、健康な身体あっての仕事ではないか。実際のところ無理して元気そうに振る舞う君を見る僕の方が辛いのだ。どうか友達甲斐に養生してくれたまえ。頼む。

取り急ぎ、用件のみ。

草々



- ワンポイント -

休職すれば職場の条件が悪くなるのと、仕事を休むことへの罪悪感や恐怖が重なって、なかなか休職してまで治療しようという気にならないのが会社人間です。こうした人は、職場でも重要な地位にいる場合が多く、なかには病気であることを隠しているケースも多いのです。ですから、手紙は葉書にせず封書で送る方が無難でしょう。

類語
君が急に倒れたら営業部は機能が停止してしまう。かえって迷惑ではないか。それくらいならば、最初から指示を出せるようにして部下たちにも心構えをしておいてもらいたまえ。

君の身体は会社のものではない。君が力つきて倒れても、会社は何もしてくれない。そんな会社のために無理をしたりするな。

本例文を自動生成した「直子の代筆」では、質問に答えるだけで文書を作成します。 「直子の代筆」は以下より自由にダウンロードしてお使いいただけます。

直子の代筆 ダウンロードページへ

・直子の代筆とは
かつてはsharp「書院」などの専用ワープロに標準装備され、現在もwindows版などが市販されている「自動文書生成ソフト」です。 インターネット版は無料でご利用いただけます。