ビジネス文書と文例集なら直子の代筆
「直子の代筆」をダウンロード

直子の代筆は無料でご利用いただけます

無料で使える「直子の代筆」は時候の挨拶もふさわしいものを選択できます。 質問に答えるだけで 自動生成される手紙(ビジネス文書、挨拶文やスピーチ原稿)は、数百万通り!

「直子の代筆」を使えば質問に答えるだけで手紙の作成が自動でおこなわれ、テンプレートも自由に変更可能です。
◆ 着荷商品の品違いを通知・照会する
 分野:ビジネス文例集
◆ 文例についての説明:
ビジネス文書の文例です。 照会状を書くときのサンプル(例文、テンプレート)として、参考としてお使い下さい。
「品違いの御通知」

拝啓 貴社ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
さて、去る○月○日付でご注文申し上げました「紅茶」本日着荷致しました。
早速荷解きして検品致しましたところ、品違いがあることが判明致しました。納品書には当社の注文通り「紅茶」となっておりますが、現品は「紅茶きのこ」でした。
名称がよく似ていることから、この様な手違いが起こったものと存じますが、十分お調べいただいた上で至急当社からの注文通りの品をお納め下さいます様お願い申し上げます。念のため当社注文書のコピーを同封致しますのでお調べ下さい。
尚、本日着荷分の品についてはどのようにすればよいかご指示下さい。
まずは、品違いのご照会まで。
敬具


- ワンポイント -

感情的にならずに書くことが大切です。冷静な心で文章を工夫しますが、文句を言うべきところは、はっきりと述べます。明確にさせるために箇条書きにしてもかまいません。相手に悪意はなかったのだという視点から、事故の事実だけを列挙して相手に反省を促し善処してもらうようにします。

抗議文の形式としては「品違い発見」→「注文書と照合確認」→「こちら側の対処の事実」→「対応を求める」の形で文を進めることになります。

第一報は電話にして、その後で改めて抗議状を書くのが普通です。時期を逃すと原因や事実関係が不明瞭になりやすいためです。

本例文を自動生成した「直子の代筆」では、質問に答えるだけで文書を作成します。 「直子の代筆」は以下より自由にダウンロードしてお使いいただけます。

直子の代筆 ダウンロードページへ

・直子の代筆とは
かつてはsharp「書院」などの専用ワープロに標準装備され、現在もwindows版などが市販されている「自動文書生成ソフト」です。 インターネット版は無料でご利用いただけます。