ビジネス文書と文例集なら直子の代筆
「直子の代筆」をダウンロード

直子の代筆は無料でご利用いただけます

無料で使える「直子の代筆」は時候の挨拶もふさわしいものを選択できます。 質問に答えるだけで 自動生成される手紙(ビジネス文書、挨拶文やスピーチ原稿)は、数百万通り!

「直子の代筆」を使えば質問に答えるだけで手紙の作成が自動でおこなわれ、テンプレートも自由に変更可能です。
◆ 一般の弔辞「急死した同僚を悼む」
 分野:スピーチ原稿 文例集
◆ 文例についての説明:
スピーチの文例です。 葬儀、葬式、通夜、告別式などでの挨拶のサンプル(例文、テンプレート)として、参考にしてください。
真田さん、あなたが、突然に私たちの前から姿を消してしまうなんてどうしても信じられません。打ちのめされたような気持ちです。ついこの間まで、一緒に仕事をしてきたあなたが、今は棺の中に眠っているとは、どうしても信じられないのです。 もしかしたら私は夢を見ているんじゃないか、夢なら早く目覚めたいって…そんな気持ちでいっぱいです。
あなたは、いつでも行動的で正義感が強くて、仕事も人一倍こなしていました。その身体の中を病魔が蝕んでいたとは…。あなたの辛さに気づかなかった私たちは、なんて迂濶だったのでしょう。

【故人の生前の思い出を入れて下さい】

私たちもつらいけれど、一番くやしいのは、真田さん、あなた自身でしょうね。あなたの残してくれた明るい笑顔の思い出を胸に、頑張っていくことを約束します。
天国から私たちを見守っていて下さい。どうぞ、安らかにお眠りください。

- ワンポイント -

通夜や葬儀の場では決して口にしてはならない忌み言葉があります。おなじ文句を繰り返す、いわゆる重ね言葉というものなどです。

【忌み言葉の例】
かえすがえすも・くれぐれも・再び・重ねて・追って・たびたび・さらに・ついで・またまた、などです。

なお、宗教による言葉の使い分けにもご注意下さい。
仏教→「成仏」「ご冥福」「御供養」
キリスト教→「昇天」「天に召された」

【焼香の仕方】
・座礼の場合
焼香の順が来たら立ち、静かに焼香台に向かって進み、3歩手前で座って僧侶に一礼します。次に位牌の戒名と故人の遺影に注目して両手をついて一礼してから、膝で前へ進み、数珠を両手にかけて合掌します。次に焼香台の香箱から右手の親指・人差指・中指で香をつまみ、ちょっと押しいただいてくべます。普通は一回です。くべたら右手を元のように数珠に入れて合掌します。それから左手に数珠を持ち、はじめの位置へ膝で戻ります。そこで両手をついて一礼後、僧侶に一礼して、自分の席へ戻ります。

・線香の場合
香を焚かずに線香をたくことがあります。この場合は線香を1本か2本とって、そばの蝋燭で火をつけます。それを消して香炉に立てますが、絶対に口で吹き消してはいけません。これはかならず手であおいで消します。

+++混乱したら前の人の真似をしましょう+++

本例文を自動生成した「直子の代筆」では、質問に答えるだけで文書を作成します。 「直子の代筆」は以下より自由にダウンロードしてお使いいただけます。

直子の代筆 ダウンロードページへ

・直子の代筆とは
かつてはsharp「書院」などの専用ワープロに標準装備され、現在もwindows版などが市販されている「自動文書生成ソフト」です。 インターネット版は無料でご利用いただけます。