ビジネス文書と文例集なら直子の代筆
「直子の代筆」をダウンロード

直子の代筆は無料でご利用いただけます

無料で使える「直子の代筆」は時候の挨拶もふさわしいものを選択できます。 質問に答えるだけで 自動生成される手紙(ビジネス文書、挨拶文やスピーチ原稿)は、数百万通り!

「直子の代筆」を使えば質問に答えるだけで手紙の作成が自動でおこなわれ、テンプレートも自由に変更可能です。
◆ 一般の弔辞「友人の死を悼む」
 分野:スピーチ原稿 文例集
◆ 文例についての説明:
スピーチの文例です。 葬儀、葬式、通夜、告別式などで使う「友人代表スピーチ」として、弔辞、挨拶のサンプル(例文、テンプレート)として、参考にしてください。
徳川くん。まさか君の霊前で、こうして悲しい別れの言葉を述べなければならないなんて、いまだに信じられない気持ちです。本当は、むっくりと起き上がって「ヨォ、来てたのかい。寝過ごしちゃったかな」と言い出すような気がしてなりません。
思えば、君と知り合ってから○年間、いろいろなことがありましたね。
覚えていますか。同じ女の子を同時に好きになったことがありました。部活でレギュラーの座を君と争ったこともありました。そうそう、小学生の時一緒に小鳥を飼っていたこともありましたね。なかなか小鳥が鳴かないので、僕が「エサあげるのやめよう」と言ったら君は「鳴くまで待とうよ」と言ってましたね。
君は、本当に良き友人であり、良きライバルでもありました。君がいてくれたから、僕の人生が輝いて見えたと言っても過言ではありません。唯一の欠点は僕より先に逝ってしまって、僕に君のいない悲しさを実感させてしまったことでしょう。
さようなら、徳川くん。今は安らかに、永遠の眠りについて下さい。あとの事は引き受けます。安心して眠って下さい。

- ワンポイント -

通夜や葬儀の場では決して口にしてはならない忌み言葉があります。おなじ文句を繰り返す、いわゆる重ね言葉というものなどです。

【忌み言葉の例】
かえすがえすも・くれぐれも・再び・重ねて・追って・たびたび・さらに・ついで・またまた、などです。

なお、宗教による言葉の使い分けにもご注意下さい。
仏教→「成仏」「ご冥福」「御供養」
キリスト教→「昇天」「天に召された」

【焼香の仕方】
焼香は血縁者から血の濃い人の順番に行われます。

・立礼の場合
左手に数珠を持ち、焼香台の3歩手前に立って、僧侶に一礼します。それから戒名と故人の遺影に注目して一礼致します。それから焼香台の前に進み、両手に数珠をかけ合掌してから焼香台の香箱から右手の親指・人差指・中指で香をつまみ、ちょっと押しいただいてくべます。普通は一回です。くべたら右手を元のように数珠に入れて合掌します。それから左手に数珠を持ち、はじめの位置へ戻ります。そこで一礼して後、僧侶に一礼して、自分のもとの位置へ戻ります。

・線香の場合
香を焚かずに線香をたくことがあります。この場合は線香を1本か2本とって、そばの蝋燭で火をつけます。それを消して香炉に立てますが、絶対に口で吹き消してはいけません。これはかならず手であおいで消します。

+++混乱したら前の人の真似をしましょう+++

本例文を自動生成した「直子の代筆」では、質問に答えるだけで文書を作成します。 「直子の代筆」は以下より自由にダウンロードしてお使いいただけます。

直子の代筆 ダウンロードページへ

・直子の代筆とは
かつてはsharp「書院」などの専用ワープロに標準装備され、現在もwindows版などが市販されている「自動文書生成ソフト」です。 インターネット版は無料でご利用いただけます。