ビジネス文書と文例集なら直子の代筆

◆ かけ紙、水引、のし等について(祝儀袋・不祝儀袋等について)

無料で使える「直子の代筆」は時候の挨拶もふさわしいものを選択できます。質問に答えるだけで 自動生成される手紙(ビジネス文書、挨拶文やスピーチ原稿)は、数百万通り!
下記の季節の挨拶集(時候の挨拶)は「直子の代筆」に登録されているものの一部です。 「直子の代筆」を使えば質問に答えるだけで手紙の作成が自動でおこなわれ、テンプレートも自由に変更可能です。

時候の挨拶一覧 | ビジネス文書 | 個人文書 | スピーチ原稿 | 冠婚葬祭

分野:

かけ紙
通常慶事の場合は、のし、水引を印刷したかけ紙(こういったものをのし紙と呼びます)を使います。葬儀などの弔事の場合はのしが付いていない、水引が黒白や黒銀、双銀になっているものを使います。ただし、弔事用のかけ紙で蓮の花の模様のある物は仏式の場合にのみ使います。
また、祝儀袋や不祝儀袋(香典袋等)も、本来はこのかけ紙を折り畳んでいるものです。

水引
水引には様々な種類があります。通常は慶事には紅白もしくは金銀のものを使い、弔事には黒白、黒銀、双銀のものを使います。
また、水引の結び方には次のようなものがあります。なお、例図では全て紅白の慶事用の色になっています。

結びきり

結びきりは、二度繰り返しては不吉なものに使います。慶事の場合は結婚式、退院祝い等に使います。また弔事の場合は、通常全て結びきりになります。
なお、上のほうの図はあわじ結びと言う事もあります。

花結び(蝶結び)

何度でも繰り返してほしいような目出度い慶事に使います。結婚式以外の慶事はほとんどこれを使います。

のし
のしは慶事のみに使い、さらに生臭物(肉・魚・干物等)の場合にはつけません。

祝儀袋・不祝儀袋(香典袋等)について
祝儀袋・不祝儀袋とは、かけ紙を折り畳んで、水引で結んで、必要ならばのしを付けてお金などをつつんだりする用途に使うものです。要はコンビニエンスストアや文房具店などで売っている、普通結婚式や葬儀に持っていくお金を入れる袋の事です。

名前等の書き方
名前等は、慶事の場合は濃い墨で、弔事の場合は薄い墨で書きます。
なお、表書が4文字になる場合、例えば「祝御結婚」などの場合は、「祝」の文字を大きめに書き、半文字位空けて「御結婚」と書きます。