ビジネス文書と文例集なら直子の代筆

◆ 婚礼関係:お祝いの贈り方−品物の場合

無料で使える「直子の代筆」は時候の挨拶もふさわしいものを選択できます。質問に答えるだけで 自動生成される手紙(ビジネス文書、挨拶文やスピーチ原稿)は、数百万通り!
下記の季節の挨拶集(時候の挨拶)は「直子の代筆」に登録されているものの一部です。 「直子の代筆」を使えば質問に答えるだけで手紙の作成が自動でおこなわれ、テンプレートも自由に変更可能です。

時候の挨拶一覧 | ビジネス文書 | 個人文書 | スピーチ原稿 | 冠婚葬祭

分野:

渡し方
現金ならば、披露宴の当日に渡せばよいのですが、品物の場合、披露宴の当日に渡されても迷惑千万です。品物の場合は必ず披露宴当日より前に贈りましょう。
正式な作法では、一週間前までの吉日の午前中に持参する事になっていますが、よほどの事がない限り、そこまで気を使う必要はないでしょう。相手の都合を優先するのが大切です。また、手渡しでは双方に手間がかかりますので、デパートなどからお祝いの手紙やカードを付けて直送してもよいでしょう。

品物の選択
鏡、はさみ、包丁、ナイフ、陶磁器などは「割れる・切る」などを連想させるので避けた方がよいとされていますが、鏡とはさみとコーヒーカップをひとまとめにして贈るような事でもなければ、それ程気にする必要はないでしょう。出来るなら当人の希望を聞いて、新生活に役立つものを贈りましょう。

かけ紙(のし紙)の付け方
生もの以外は、「のし」付きのかけ紙を付けます。生ものの場合はのし無しのかけ紙にします。水引きは、紅白・金銀の結び切りにします。表書きは濃い墨で、「寿」「御祝」などを書きます。