ビジネス文書と文例集なら直子の代筆

◆ 季節のあいさつと贈り物(お年賀・お中元・お歳暮)

無料で使える「直子の代筆」は時候の挨拶もふさわしいものを選択できます。質問に答えるだけで 自動生成される手紙(ビジネス文書、挨拶文やスピーチ原稿)は、数百万通り!
下記の季節の挨拶集(時候の挨拶)は「直子の代筆」に登録されているものの一部です。 「直子の代筆」を使えば質問に答えるだけで手紙の作成が自動でおこなわれ、テンプレートも自由に変更可能です。

時候の挨拶一覧 | ビジネス文書 | 個人文書 | スピーチ原稿 | 冠婚葬祭

分野:

 季節の挨拶にはさまざまなものがありますが、ここでは代表的なものだけに関して説明します。

お年賀
年始回りをするときに直接手渡しするのが普通です。贈るものはごく簡単な品物にしますが、お歳暮を贈っていないのでお歳暮代わりにする場合は、お歳暮に準じた品物にします。
かけ紙は花結びの水引で、のし付きのものを使います。

表書:御年賀、寿、迎春、賀正

お中元(暑中見舞い・残暑見舞い)
お中元は7月初旬から15日までに贈ります。
15日を過ぎたらお中元ではなく暑中御見舞にします。
お中元を贈っていない人から贈り物をもらった場合は必ず礼状を出します。礼状だけではちょっと気がひけるので、お返しを贈るというような場合は、7月15日を過ぎていたら暑中見舞いにします。また、さらに時期を逸して立秋(8月7日頃)をすぎた場合は、残暑見舞いにします。
かけ紙は花結びの水引で、のし付きのものを使います。

表書:お中元、御中元(7月初旬から15日まで)
  暑中御見舞、暑中お伺(7月16から立秋まで)
  残暑御見舞、残暑お伺(立秋から9月上旬まで)

お歳暮
本来は12月13日から20日の間に贈るものですが、現在では11月中旬から12月下旬の間に贈れば結構です。あまり遅くなったら、正月まで持ち越してお年賀にするとよいでしょう。贈る品物はお中元にくらべ、やや丁寧なものにします。

かけ紙は花結びの水引で、のし付きのものを使います。またお歳暮では、新巻鮭などのなま物(なまぐさもの)を贈る場合が多いのですが、本来なま物を贈る時は、のしを付けないのが正式ですがあまり気にする必要はないでしょう。

表書:お歳暮、御歳暮