ビジネス文書と文例集なら直子の代筆

◆ 弔問編(葬儀関係):香典などの渡し方−現金の場合

無料で使える「直子の代筆」は時候の挨拶もふさわしいものを選択できます。質問に答えるだけで 自動生成される手紙(ビジネス文書、挨拶文やスピーチ原稿)は、数百万通り!
下記の季節の挨拶集(時候の挨拶)は「直子の代筆」に登録されているものの一部です。 「直子の代筆」を使えば質問に答えるだけで手紙の作成が自動でおこなわれ、テンプレートも自由に変更可能です。

時候の挨拶一覧 | ビジネス文書 | 個人文書 | スピーチ原稿 | 冠婚葬祭

分野:

香典袋の渡し方
通夜の席に出席している場合は、通夜の席で渡すのが一番良いとされています。剥き出しのままポケットやバッグに入れてはいけません。不祝儀用のふくさか地味な風呂敷に包んで持参し、表書きが相手から見て正面になるように向けて両手で差し出します。表書きの墨は薄墨を使用して下さい。黒々とした字では失礼になります。

香典袋の選び方と書き方
葬式の場合は、その宗教によって香典袋の表書きが違います。文具店・デパート・コンビニエンスストアなどで、表書きが印刷済みのものを売っています。また最近では病院内の売店でもおいてあるところがあるようです。


仏教の場合の表書     :御霊前、御香料、御香典、御香華料
神式の場合の表書     :御霊前、御玉串料、御神前、御榊料、御供物
キリスト教の場合の表書き :御霊前、お花料、お花輪料、ミサ料
会社が社員に出す場合の表書:御弔典、御弔料

以上のように「御霊前」の表書きは各宗派に使用できます。ただし「御霊前」となっていても、蓮の花の模様がついているものは仏式用ですのでご注意下さい。なお「御仏前」の表書きは仏教式の四九日の法要以降に使用するものですので(法要の当日から御仏前になる)、うっかり使用すると「初七日もすんでいないのに」と失礼になります。また四九日の法要が過ぎているのに「御霊前」でも失礼になります。

香典袋には薄墨で中央上段に表書きを、下段に氏名をフルネームで書きます。市販のものでは表書きの方は印刷されている場合が多いですから、その印刷の色が薄墨の度合いと考えても良いでしょう。表包みの裏側と内包み(または内袋)にも住所氏名と金額を記入します。このとき会社の代表として列席する場合は会社の住所を、仕事の付き合いでも個人的な列席の場合は自宅の住所を記入します。なお、正式には弔事の場合は重なるという事を嫌う意味から、内袋は使わない事になっていますが、現在ではほとんど気にする必要はありません。市販の香典袋もほとんどが内袋を備えています。

お金
同列で列席される方がいらっしゃる場合(同僚や近所の人など)は、その方たちと打ち合せて金額を合わせると良いでしょう。故人との交際の度合いや地方の習慣などで金額は違ってきます。一般に故人が一家の主人なら多めに、お年寄りや子供の場合は少なめで良いとされています。
新札は避け適度に使われた札を使用します。どうしても新札しかない場合は、折り目を入れてから香典袋に入れます。