ビジネス文書と文例集なら直子の代筆

◆ 弔問編(葬儀関係):弔問・通夜・告別式・葬儀への参列の心得

無料で使える「直子の代筆」は時候の挨拶もふさわしいものを選択できます。質問に答えるだけで 自動生成される手紙(ビジネス文書、挨拶文やスピーチ原稿)は、数百万通り!
下記の季節の挨拶集(時候の挨拶)は「直子の代筆」に登録されているものの一部です。 「直子の代筆」を使えば質問に答えるだけで手紙の作成が自動でおこなわれ、テンプレートも自由に変更可能です。

時候の挨拶一覧 | ビジネス文書 | 個人文書 | スピーチ原稿 | 冠婚葬祭

分野:

服装
地方・故人との交際の度合いによって異なります。
例えば地方によっては喪主は白喪服と呼ばれる白い喪服を使用したり、遺族の未婚の娘は振り袖を着用する場合もあります。
そういう慣習の残っている地方でしたら、近所の方に聞いたりするのが確実でしょう。

第一種礼装(黒喪服)
男性の洋装ではモーニングコートになります。白いシャツ・黒いベスト・黒ネクタイ・黒い革手袋を持ち、靴下も黒です。
男性の和装では黒紋付きの羽織袴です。羽二重の黒無地で五つ紋付き。夏は生地が絽か紗のものを用います。羽織紐・雪駄の鼻緒は黒で、足袋は白いものを用います。
女性の洋装では、透けない生地のワンピースかアンサンブルです。アフタヌーンドレスと呼ばれるものが正装になります。
黒い手袋を着用し、アクセサリーは真珠のみが許されます。エナメルのバッグや靴は避けます。肌を出さないように長袖を着用します。白いブラウスは使わず黒一色にするのが基本です。

女性の和装では黒無地に染め抜きの五つ紋を用います。帯は黒です。名古屋帯が一般で一重太鼓に結び、木目や流水などの地紋は許されます。
長襦袢・反衿・足袋は白にし、帯揚げ・帯〆は白か黒にしますが、黒が一般的です。夏には絽か紗を用います。
なお一般的には男性でも女性でも和装の方が洋装より格が高いことになっているようです。

第二種礼装(色喪服)
俗に準礼装・略礼装と呼ばれる礼装です。
男性の洋服ではブラックスーツに白いシャツで、ネクタイを黒にします。カフスやポケットチーフも弔事用にします。
男性の和装では紺や鼠色など寒色系の色無地紋付羽織袴で羽織紐をグレーか黒にします。雪駄の鼻緒は黒にする場合が多いようです。羽織は五つ紋でなくてもかまいません。
女性の洋装では紺や鼠色などの寒色系の地味なデザインのブラウスとスカートなどでも大丈夫です。ただしバックと靴は黒にします。
女性の和装では藤色や鼠色・紺などの「半喪」と呼ばれる地味な色無地に、足袋は白にして帯と小物類を黒にいたします。

第一種礼装と同じく、和装の方が格が高く見られるようです。なお和服の格は紋の数が多い方が高くなります。五つ紋・三つ紋・一つ紋・無紋の順に格が下がっていきます。

一般会葬者の服装と喪章
喪服の格式は、遺族より高いものを着用することはできません。また一般の会葬者・弔問客の場合は喪服である必要はありません。
ただし故人が近親者であったり、ごく親しい親戚、目上の人の葬儀・告別式の場合は、男女ともに正式な喪服を着用するのが無難です。
また喪章は遺族や近親者だけがつけるものであり、一般の会葬者はつけません。
なお通夜の席では喪服は使いません。平服の地味なものにします。葬儀・告別式では、故人との関係に合わせて礼装の種類を決めます。

女性の化粧法について
派手な化粧を避けるのはもちろんですが、紅を控えた化粧法にします。特にラメの入った化粧品には注意して下さい。
正式には片化粧といって紅は一切使わない化粧にします。口紅はつけてもごく薄めで、頬紅・マニキュアなども使いません。
またアイシャドーも避けます。香水は使用せず、どうしても付けたい場合は香りの微弱なものにします。指輪は結婚指輪以外は外して下さい。許されるアクセサリーは真珠だけですが、これも地味なデザインを選びます。

子供のいる場合
小さい子供は、近しい親戚でない限り葬儀には同席させません。一般会葬者の場合は同席させず、預ってくれる方を探すようにします。どうしても預ってもらえない場合は、子供に静かにしているよう言い聞かせておきましょう。
また妊婦は葬儀には列席しない慣習の地方もありますのでご注意下さい。