ビジネス文書と文例集なら直子の代筆
「直子の代筆」をダウンロード

直子の代筆は無料でご利用いただけます

無料で使える「直子の代筆」は時候の挨拶もふさわしいものを選択できます。 質問に答えるだけで 自動生成される手紙(ビジネス文書、挨拶文やスピーチ原稿)は、数百万通り!

「直子の代筆」を使えば質問に答えるだけで手紙の作成が自動でおこなわれ、テンプレートも自由に変更可能です。
◆ 中学校卒業式(先生)
 分野:スピーチ原稿 文例集
◆ 文例についての説明:
学校行事(中学校)で先生が使う卒業式の挨拶(スピーチ、祝辞、贈る言葉)の例文として、テンプレートとして参考にお使いください。
卒業生の皆さん、本日は本当におめでとうございます。また多数の来賓の皆様、ご両親の皆様の参列を得まして、晴れの卒業式を迎えることが出来たことを心から感謝するとともに、お喜び申し上げます。
この3年間、皆さんは本当によく頑張って来ました。
楽しいことばかりではなかったでしょう。辛いこと、悲しいこと、厭なこともあったに違いありません。が、それを克服して今日に至ったことを誇りに思ってください。
先生は、そんな皆さんの努力に敬意を表し、皆さんを我が校の生徒に持てたことを誇らしく思います。
義務教育の過程を修了した皆さんは、これから社会へ出て働く人、進学する人に別れ、それぞれ自分の道を歩きはじめます。しかし、どの道へ進もうとも、皆さんが我が校の同窓生であり、同じ学舎にいた仲間だと言うことを忘れず、友情を温め続けて下さい。人間は、どんな場所に居ようとも学ぶと言うことに変わりはありません。大切なのは真剣に取り組む姿勢なのです。
今日、ここを巣立つ皆さんに、先生から、この言葉を送りましょう。
『百里を行く者は九十を半ばとす』百里を歩こうとするものは九十里まで来て初めて「半分の道のりを来たのだ」と考えるのがよいということです。何事も終わりの方が難しいので、最後まで気を抜かぬよう頑張れという意味です。
これからも皆さんは、いろいろな試練に出会うでしょう。その時は、この言葉を思い出して、最後まで頑張り通すこと頑張ってください。

- ワンポイント -

進路はそれぞれ違えど、こぐ舟も漕ぎ手も自分自身に他ならないことを強調し、中学で3年間学んだことに対する自信を喚起し、これからの人生に自信と希望を持たせるようにしてください。

本例文を自動生成した「直子の代筆」では、質問に答えるだけで文書を作成します。 「直子の代筆」は以下より自由にダウンロードしてお使いいただけます。

直子の代筆 ダウンロードページへ

・直子の代筆とは
かつてはsharp「書院」などの専用ワープロに標準装備され、現在もwindows版などが市販されている「自動文書生成ソフト」です。 インターネット版は無料でご利用いただけます。