ビジネス文書と文例集なら直子の代筆
「直子の代筆」をダウンロード

直子の代筆は無料でご利用いただけます

無料で使える「直子の代筆」は時候の挨拶もふさわしいものを選択できます。 質問に答えるだけで 自動生成される手紙(ビジネス文書、挨拶文やスピーチ原稿)は、数百万通り!

「直子の代筆」を使えば質問に答えるだけで手紙の作成が自動でおこなわれ、テンプレートも自由に変更可能です。
◆ 古希祝いでの親戚代表の挨拶
 分野:スピーチ原稿 文例集
◆ 文例についての説明:
祝賀行事で使うスピーチの文例です。 古希のお祝いでの挨拶のサンプル(例文、テンプレート)として、参考にしてください。
本日は、伯父、技北知良の古希を祝って、かくも多数の皆様にお集まりいただきまして、まことに御礼の申し上げようもございません。親戚一同を代表致しまして、ひとこと挨拶させていただきます。
「人生七十、古来希なり」とうたったのは唐の詩人杜甫でございます。これを現代風に直しますと「人生百、今も希なり」というところでしょうか。人間の平均寿命が伸びている今日、古希を迎えましても、その言葉どおりに「古来より希なほどの長寿をした」とも言えないようでございます。
先日も古希を迎えるに当って伯父は「杜甫は嫌いではないが、あの一節のお蔭で、なんだか、ひどく歳をとったような気分にさせられる」と嘆いておりました。挙げ句には「杜甫の時代は古いのだから70歳は老人ではないと、ひとつ皆に宣言してくれ」と私に頼む始末です。
というわけで、今後も伯父に気兼ねをして年寄り扱いする必要はないそうでございますので、バリバリ働いてもらいましょう。
みなさま、本日は、まことに有難うございました。

- ワンポイント -

賀寿では、なにより健康を祝いたいものです。健康は、妻の食事管理など、家族の協力があってこそであるから、家族の苦労も労いたいところです。とくに賀寿を受けた当人の配偶者は同年代であることが多いので、主役は夫だけというより、夫婦ともに祝うという心構えが必要でしょう。

また、相手は高齢者であることを念頭に、スピーチが長くならないように注意してください。長くても3分が限度です。

【忌み言葉】
離れる・帰る・去る・破る・戻る・切る・返す・逃げる・出る・病む・滅ぶ・別れる・死ぬ・枯れる・嫌う・壊れる・滅びる・絶つ・退く・散る・病気・泣く・打つ・割れる・引退

本例文を自動生成した「直子の代筆」では、質問に答えるだけで文書を作成します。 「直子の代筆」は以下より自由にダウンロードしてお使いいただけます。

直子の代筆 ダウンロードページへ

・直子の代筆とは
かつてはsharp「書院」などの専用ワープロに標準装備され、現在もwindows版などが市販されている「自動文書生成ソフト」です。 インターネット版は無料でご利用いただけます。