ビジネス文書と文例集なら直子の代筆
「直子の代筆」をダウンロード

直子の代筆は無料でご利用いただけます

無料で使える「直子の代筆」は時候の挨拶もふさわしいものを選択できます。 質問に答えるだけで 自動生成される手紙(ビジネス文書、挨拶文やスピーチ原稿)は、数百万通り!

「直子の代筆」を使えば質問に答えるだけで手紙の作成が自動でおこなわれ、テンプレートも自由に変更可能です。
◆ 商品などの代金を支払ってくれるように催促する(最終的な場合)
 分野:ビジネス文例集
◆ 文例についての説明:
ビジネス文書の文例です。 催促状、催促の手紙を書くときのテンプレートとして、参考としてお使い下さい。催促の手順にも気をつけ、言うことは言い、引くところは引くようにしましょう。
前略 かねてよりお支払いをお願いして参りました材料費500万円について、いまもってご送金はもとより一言の御挨拶もいただいておりません。いかが相成っておりますのでしょうか。
当社と致しましては、せっかくお取引をいただいておりましただけに貴社のこの度のご措置は全く理解に苦しむ次第で、非常識であるとしか思えません。誠に遺憾に存じます。
つきましてはこれ以上の猶予は当社としても事情が許しませんので、来る○月○日までに必ずご送金下さい。
万一ご送金いただけない場合は、当社としてもそれなりの手段を取らせていただきます。
まずは最終通告まで。
草々


- ワンポイント -

商品・またはサービスを売ったのですから代金を請求するのは当たり前ですが、売り手は常に「お買い上げいただいたお客様」という立場と姿勢を忘れてはいけません。ですから書式は丁重に行います。
また、納入月日・商品名・数量・金額などの詳細を記入した請求書を同封します。このとき金額や個数の間違いがないようにご注意下さい。支払日や支払方法の確認も同時に行ってもかまいません。

本例文を自動生成した「直子の代筆」では、質問に答えるだけで文書を作成します。 「直子の代筆」は以下より自由にダウンロードしてお使いいただけます。

直子の代筆 ダウンロードページへ

・直子の代筆とは
かつてはsharp「書院」などの専用ワープロに標準装備され、現在もwindows版などが市販されている「自動文書生成ソフト」です。 インターネット版は無料でご利用いただけます。