ビジネス文書と文例集なら直子の代筆
「直子の代筆」をダウンロード

直子の代筆は無料でご利用いただけます

無料で使える「直子の代筆」は時候の挨拶もふさわしいものを選択できます。 質問に答えるだけで 自動生成される手紙(ビジネス文書、挨拶文やスピーチ原稿)は、数百万通り!

「直子の代筆」を使えば質問に答えるだけで手紙の作成が自動でおこなわれ、テンプレートも自由に変更可能です。
◆ 四十九日の法要に招く
 分野:
◆ 文例についての説明:
法要に関する手紙の文例です。各種法要の文書を書くときのテンプレートとして、参考としてお使い下さい。
謹啓

先般父一郎永眠の際は、わざわざご会葬下さり、かつまたご丁寧なお供物を賜りまして、ご厚志の程厚くお礼申し上げます。

さて来る5月10日、四十九日を迎えるにあたり心ばかりの法要を相営み、泉下の霊を慰めたく存じます。つきましては、あつかましいこととは存じますが、万障繰り合わせの上、ご光来の程お願い申し上げる次第でございます。恐縮ではございますが、同日午前10時までに○×寺までご足労下さいますようお願い申し上げます。

また、法要の後で粗餐を用意しておりますので、そのご予定でおいでくださいますよう、お願い申し上げます



まずは書中でお知らせまで。

敬白


- ワンポイント -

普通の手紙の書式を守った丁重な文章にします。故人の呼び方は戒名で呼んでも「亡母」でもかまいません。時間と場所が、はっきりと示されていることが必要です。

むしろ出席者の選定の方が難しく、遺漏無いように手配します。法要のあとには食事を出すことが多いので、時間にも工夫が必要です。

本例文を自動生成した「直子の代筆」では、質問に答えるだけで文書を作成します。 「直子の代筆」は以下より自由にダウンロードしてお使いいただけます。

直子の代筆 ダウンロードページへ

・直子の代筆とは
かつてはsharp「書院」などの専用ワープロに標準装備され、現在もwindows版などが市販されている「自動文書生成ソフト」です。 インターネット版は無料でご利用いただけます。