ビジネス文書と文例集なら直子の代筆
「直子の代筆」をダウンロード

直子の代筆は無料でご利用いただけます

無料で使える「直子の代筆」は時候の挨拶もふさわしいものを選択できます。 質問に答えるだけで 自動生成される手紙(ビジネス文書、挨拶文やスピーチ原稿)は、数百万通り!

「直子の代筆」を使えば質問に答えるだけで手紙の作成が自動でおこなわれ、テンプレートも自由に変更可能です。
◆ 死去の通知、葬儀のお知らせも兼ねる
 分野:
◆ 文例についての説明:
死去の通知に関する手紙の文例です。葬儀の知らせの文書を書くときのテンプレートとして、参考としてお使い下さい。
謹啓

父 太郎 介護のかいもなく遂に5月10日13時10分、79歳を一期として永眠致しました。ここに生前のご高誼を深く感謝し、謹んでお知らせ申し上げます。


尚、通夜は5月13日10時〜12時において行ないます。また葬儀は5月14日21時より自宅に於て行ない、続いて告別式を13時〜15時に行ないます。



敬具


- ワンポイント -

生前の厚情を感謝します。また生前にお見舞いをいただいていたり気にかけてもらっている場合には、他界することになった経緯に軽く触れておいてもかまいません。通常は通夜の知らせは電話や電報で、親しい人や近親者に知らせます。葬儀に関しては、日本では死亡後二四時間が経過しないと火葬許可がおりません。そこで死亡した翌日が通夜、翌々日が葬儀という場合がほとんどですが、葬儀の日が友引にあたるなど、暦の上で不都合がある場合には日延べします。(友引の日は火葬場や斎場も休みの場合が多いようです)

通夜・告別式の通知は独特の形式がありますので、その書式を守った丁重な文章にします。なお発信者は喪主一人にする場合もありますが、普通は喪主に続いて家族を連名にします。

例)

喪主 高田太郎

妻  高田政恵

次男 高田次郎

長女 高田花子


本例文を自動生成した「直子の代筆」では、質問に答えるだけで文書を作成します。 「直子の代筆」は以下より自由にダウンロードしてお使いいただけます。

直子の代筆 ダウンロードページへ

・直子の代筆とは
かつてはsharp「書院」などの専用ワープロに標準装備され、現在もwindows版などが市販されている「自動文書生成ソフト」です。 インターネット版は無料でご利用いただけます。