ビジネス文書と文例集なら直子の代筆
「直子の代筆」をダウンロード

直子の代筆は無料でご利用いただけます

無料で使える「直子の代筆」は時候の挨拶もふさわしいものを選択できます。 質問に答えるだけで 自動生成される手紙(ビジネス文書、挨拶文やスピーチ原稿)は、数百万通り!

「直子の代筆」を使えば質問に答えるだけで手紙の作成が自動でおこなわれ、テンプレートも自由に変更可能です。
◆ 忌明けの礼状(一周忌の後に出します)
 分野:
◆ 文例についての説明:
忌明けの礼状の文例です。法要関係の文書を書くときのテンプレートとして、参考としてお使い下さい。
拝啓 時下ますますご健勝のほどお喜び申し上げます。

私どもでは、先日、亡父の一周忌を迎えて、形ばかりの法要を営みました。ご案内申し上げるのは却って御迷惑と存じ身内だけで静かに法要を営みまして、案内状を差し控えさせていただきました。

あしからず、お許し下さいませ。

服喪中は何かとお慰めの御言葉やら、御見舞の贈り物やらを頂戴致しまして、御芳情の数々、まことに感謝にたえません。厚く御礼申し上げます。

本来なら、ご挨拶に参上致すべきでございますが、とりあえず御手紙でご挨拶申し上げさせて頂きます。

略儀ながら書中をもちまして一言御礼を申し上げます。まずは上、忌明けの御礼まで。

敬具


- ワンポイント -

形式は普通の手紙文と同じようにします。故人を戒名で記す場合は別行であげ、法要を営んだことを知らせます。



例)



本日 播龍院卓雄居士

五十回忌の法要を営みましたので…………



参考)

法要の種類(◎は重要な法要です)

◎初七日 死後7日目

実質的には3〜4日目に行うことも多いようです。遺骨と位牌を安置した祭壇に遺影を飾り、生花や供物を供え僧侶を招いて読経します。近親者や親戚、葬儀のときに世話になった人を招き、茶菓や料理をふるまいます。



二七日(ふたなのか)死後14日目

三七日(みなのか)死後21日目

四七日(よなのか)死後28日目

五七日(ごしちにち)死後35日目



◎七七日(しちしちにち)通常四十九日とも申します。

この日を過ぎると故人は、その家を離れ、忌明け致します。香典返しは、このとき行うのが通例で、忌中の貼紙も取り外します。また、お寺または自宅に親戚や知人を招いて、法要を行います。(五七日に行うところもあるようです)



◎百か日



その他

新盆は、死去後、初めて迎えるお盆のことです。

年忌は命日に行います。

一年忌 死去した翌年の命日

三回忌 死去した翌々年のの命日(二回忌と言わないところに注意してください)

以下、七回忌・十三回忌・十七回忌・二十三回忌・二十七回忌・三十三回忌・三十七回忌・五十回忌

この後は50年ごとに法要が行われます。

本例文を自動生成した「直子の代筆」では、質問に答えるだけで文書を作成します。 「直子の代筆」は以下より自由にダウンロードしてお使いいただけます。

直子の代筆 ダウンロードページへ

・直子の代筆とは
かつてはsharp「書院」などの専用ワープロに標準装備され、現在もwindows版などが市販されている「自動文書生成ソフト」です。 インターネット版は無料でご利用いただけます。