ビジネス文書と文例集なら直子の代筆
「直子の代筆」をダウンロード

直子の代筆は無料でご利用いただけます

無料で使える「直子の代筆」は時候の挨拶もふさわしいものを選択できます。 質問に答えるだけで 自動生成される手紙(ビジネス文書、挨拶文やスピーチ原稿)は、数百万通り!

「直子の代筆」を使えば質問に答えるだけで手紙の作成が自動でおこなわれ、テンプレートも自由に変更可能です。
◆ 慣用句一覧:死亡通知の場合
 分野:
◆ 文例についての説明:
死去の通知の慣用句一覧です。死亡通知を書く際の参考としてお使い下さい。
・父山田太郎こと*月*日、心不全のため百一歳の天寿を全うして永眠致しました。

・父山田太郎儀、心不全のため*月*日、百一歳を一期として永眠致しました。

・近親者に見守られて安らかに息を引取りました。

・安らかな臨終で苦痛の様子はまったく見られませんでした。

・臨終に間に合って、末期の水をとることが出来ましたのがせめてもの慰めです。

・ここに生前のご厚情を感謝し、慎んでご通知申し上げます。

・生前父に賜りましたご厚情に深謝致しますとともに、これからも長く私たち遺族のものにお心をおかけ下さるようお願い申上げます。

・これが寿命と思って諦めてはおりますものの、まったくやりきれない思いです。

・年に不足はないとは申しながら、せめてあと10年は長生きさせたかったと残念に思っております。

- ワンポイント -

慣用句というものは、挨拶の言葉みたいに「差出人」と「受取人」の間で、いくつかの約束事が決められたものです。決まり文句とも言います。額面通りに受け取られる心配はないでしょうが、あまり多用するとしらけた心のこもっていない手紙になりますのでご注意下さい。

本例文を自動生成した「直子の代筆」では、質問に答えるだけで文書を作成します。 「直子の代筆」は以下より自由にダウンロードしてお使いいただけます。

直子の代筆 ダウンロードページへ

・直子の代筆とは
かつてはsharp「書院」などの専用ワープロに標準装備され、現在もwindows版などが市販されている「自動文書生成ソフト」です。 インターネット版は無料でご利用いただけます。