ビジネス文書と文例集なら直子の代筆
「直子の代筆」をダウンロード

直子の代筆は無料でご利用いただけます

無料で使える「直子の代筆」は時候の挨拶もふさわしいものを選択できます。 質問に答えるだけで 自動生成される手紙(ビジネス文書、挨拶文やスピーチ原稿)は、数百万通り!

「直子の代筆」を使えば質問に答えるだけで手紙の作成が自動でおこなわれ、テンプレートも自由に変更可能です。
◆ 結婚披露宴での司会の挨拶
 分野:スピーチ原稿 文例集
◆ 文例についての説明:
スピーチの文例です。 結婚式で司会が使う例文として、テンプレートとして参考にお使いください。
お忙しい中をお越し下さいまして、たいへん有難うございます。ただいまから市川・片岡両家の結婚披露宴を開宴させていただきます。

このめでたき日に司会を仰せつかりました私は長谷川一夫と申します。新郎とは学生時代の友人です。本来は陽気な私も、この大役に緊張しておりまして、お聞き苦しいところもあるかとは思いますが、普段の持ち味を生かして精いっぱい頑張りたいと思います。皆様のご協力を仰ぎまして、無事に務めを果たすことが出来れば幸です。よろしくお願い致します。

- ワンポイント -

司会者の服装

派手になりすぎないように。ダークスーツ、あるいはモーニング。ネクタイは白かシルバーです。司会者は宴会の間はずっと視線を浴び続けます。ですから、態度には気を使いましょう。
また、司会の立場は新郎新婦の両家の一員となりますので、両家の人には敬称や敬語は使いません。来賓には必ず、敬称・敬語を使います。

忌み言葉

別れる・切れる・去る・戻る・離れる・帰る・砕ける・破れる・死ぬ・飽きる・滅びる・枯れる、など。

不吉を連想する言葉は避けた方が無難です。また「再び」や「繰り返す」などもいけないとされています。そのほかに放送禁句用語になるような差別語にもご注意ください。

本例文を自動生成した「直子の代筆」では、質問に答えるだけで文書を作成します。 「直子の代筆」は以下より自由にダウンロードしてお使いいただけます。

直子の代筆 ダウンロードページへ

・直子の代筆とは
かつてはsharp「書院」などの専用ワープロに標準装備され、現在もwindows版などが市販されている「自動文書生成ソフト」です。 インターネット版は無料でご利用いただけます。