ビジネス文書と文例集なら直子の代筆
「直子の代筆」をダウンロード

直子の代筆は無料でご利用いただけます

無料で使える「直子の代筆」は時候の挨拶もふさわしいものを選択できます。 質問に答えるだけで 自動生成される手紙(ビジネス文書、挨拶文やスピーチ原稿)は、数百万通り!

「直子の代筆」を使えば質問に答えるだけで手紙の作成が自動でおこなわれ、テンプレートも自由に変更可能です。
◆ 金婚式で子供からの祝辞
 分野:スピーチ原稿 文例集
◆ 文例についての説明:
スピーチの文例です。 金婚式や銀婚式などの結婚記念式で子供が使う祝辞の例文として、テンプレートとして参考にお使いください。
おとうさん、おかあさん。金婚式、おめでとうございます。
家族を代表して、ひとこと御挨拶申し上げます。
50年とひとくちに申しますが、50年というと半世紀でありまして、これはもう歴史と言っても過言ではないのではないでしょうか。ちょっと想像がつきません。 私の人生より、長いわけですから……。あ、これは当然でした。

日頃は忙しさに追われて、家族全員が集まることもありませんので、こうした機会にせいぜい親孝行をさせて下さい。いつも苦労ばかりかけて参りましたが、今日、その一部分だけでも御恩返しできればと思います。子を持って知る親の恩と申しますが、最近、しみじみとそのことを痛感致します。

この50年、順風の時ばかりでは無かったと思います。それでもおとうさんも、おかあさんも、私たちに辛い思いを見せないように頑張って来られました。私は、お二人を両親に持てたことを誇りに思っております。おとうさん・おかあさんのような夫婦になることが私たちの目標です。

どうか、いつまでもお元気で、私たちの良きお手本となってください。

- ワンポイント -

結婚記念日は子供や友人などが祝ってあげるのが通例です。
招待するのは知人・友人・恩人・結婚式の出席者だった人たちなどです。
会場を金と白、または銀と緑で飾り麗々しく行うこともありますが、多くは親しい人達の内輪の集まり……というケースが多いと思われます。

欧米では夫婦を「花婿・花嫁」と呼び、再びウェディングケーキにナイフを入れたりするそうです。
出席の服装は結婚式と同じに考えますが、内輪のホームパーティならばラフで構いません。なお、金婚式など御夫婦が高齢でも、相手をあまり年寄り扱いするのは良くありません。

本例文を自動生成した「直子の代筆」では、質問に答えるだけで文書を作成します。 「直子の代筆」は以下より自由にダウンロードしてお使いいただけます。

直子の代筆 ダウンロードページへ

・直子の代筆とは
かつてはsharp「書院」などの専用ワープロに標準装備され、現在もwindows版などが市販されている「自動文書生成ソフト」です。 インターネット版は無料でご利用いただけます。