ビジネス文書と文例集なら直子の代筆
「直子の代筆」をダウンロード

直子の代筆は無料でご利用いただけます

無料で使える「直子の代筆」は時候の挨拶もふさわしいものを選択できます。 質問に答えるだけで 自動生成される手紙(ビジネス文書、挨拶文やスピーチ原稿)は、数百万通り!

「直子の代筆」を使えば質問に答えるだけで手紙の作成が自動でおこなわれ、テンプレートも自由に変更可能です。
◆ 金婚式で本人の謝辞
 分野:スピーチ原稿 文例集
◆ 文例についての説明:
スピーチの文例です。 金婚式や銀婚式などの結婚記念式で本人が使う謝辞の例文として、テンプレートとして参考にお使いください。
本日はお忙しい中を、私ども夫婦のために、このようにたくさんの皆様にお集まりいただき、まことに有難うございました。
家庭を持ちまして50年、この歳月を振返って見ますと、その時その時はいろいろと悩んだり苦しんだりしたこともあっただろうに、楽しいことばかりが思い出され、ひたすら平凡に生きてきたように思います。
そんな私どもが元気に今日を迎えられたのは、ひとえに皆様の暖かい庇護のお蔭です。ここに改めて御礼を申し上げます。
50年も連れ添って参りますと、私どもの関係は『夫婦』というより『空気』という存在でして、無い方が不思議という思いで、さりとて存在することを意識することなく、毎日を過ごしております。
若い頃には仕事を錦の御旗にして、我侭も言って妻を泣かせました。あの頃のことを思い出しますと、50年も、よくもったものだと、二人で笑っております。若い頃に苦楽を共にした妻であればこそ、会話は泉のごとく、あんなこともあった、こんなこともあったと、尽きませんが、苦労した話の方が輝いて話せるのは、どうした作用でしょうか。きっと若さ故の真剣さでお互いを傷つけてしまったりした日々が、今では懐かしく思われるのでしょう。とりたてて口に出したりはしませんが妻に感謝していることだけは確かです。
これからも二人揃って長生きしていきたいと思います。今日は本当に有難うございました。

- ワンポイント -

結婚記念日は子供や友人などが祝ってあげるのが通例です。
招待するのは知人・友人・恩人・結婚式の出席者だった人たちなどです。
会場を金と白、または銀と緑で飾り麗々しく行うこともありますが、多くは親しい人達の内輪の集まり……というケースが多いと思われます。

欧米では夫婦を「花婿・花嫁」と呼び、再びウェディングケーキにナイフを入れたりするそうです。
出席の服装は結婚式と同じに考えますが、内輪のホームパーティならばラフで構いません。なお、金婚式など御夫婦が高齢でも、相手をあまり年寄り扱いするのは良くありません。

本例文を自動生成した「直子の代筆」では、質問に答えるだけで文書を作成します。 「直子の代筆」は以下より自由にダウンロードしてお使いいただけます。

直子の代筆 ダウンロードページへ

・直子の代筆とは
かつてはsharp「書院」などの専用ワープロに標準装備され、現在もwindows版などが市販されている「自動文書生成ソフト」です。 インターネット版は無料でご利用いただけます。