ビジネス文書と文例集なら直子の代筆
「直子の代筆」をダウンロード

直子の代筆は無料でご利用いただけます

無料で使える「直子の代筆」は時候の挨拶もふさわしいものを選択できます。 質問に答えるだけで 自動生成される手紙(ビジネス文書、挨拶文やスピーチ原稿)は、数百万通り!

「直子の代筆」を使えば質問に答えるだけで手紙の作成が自動でおこなわれ、テンプレートも自由に変更可能です。
◆ 旅先に学生時代の友人が居るので、再会を促してみる。
 分野:文例集
◆ 文例についての説明:
個人的な手紙(パーソナルメール)の文例です。学生時代の友人に再会を促す例文になります。古い知り合いに連絡を取る手紙を書くときのテンプレートとして、参考としてお使い下さい。
拝啓 時下ますますご健勝のほどお喜び申し上げます。

ずっとご無沙汰していましたが、私を覚えていらっしゃるでしょうか。大学で一緒だった「バッハ」です。なんか「バッハ」なんて、自分で書くとあの頃に戻ったような懐かしさを覚えます。楽しかったですね。

さて今度、御地へ出張することにになりました。で、少々は時間がとれますので、これは良い機会だと思い、5ぶりにお会いしたいと考え、筆をとった次第です。ご都合が宜しければ、ぜひ一緒に想い出を語りましょう。御地に逗留中は実家におりますので、そちらへご連絡くださっても結構です。

それでは、お返事をお待ちしております。

敬具

「バッハ」こと山田太郎


- ワンポイント -

こういう手紙の場合、返事の来る確率は低いと思っていた方が無難です。こちらは日常から離れた場所へ「還る」ことになりますが、相手は連続する日常のなかにあるからです。それでも「逢おう」と言ってくれる人は、よほど友情に厚い好い人か、あなたの到来を機に集まって遊ぼうという企画が出てきた場合です。返事が来なくて普通、返事が来たら義理堅い人、会おうと言ってくれたなら一生のお友達です。お土産を忘れないようにしましょう。

本例文を自動生成した「直子の代筆」では、質問に答えるだけで文書を作成します。 「直子の代筆」は以下より自由にダウンロードしてお使いいただけます。

直子の代筆 ダウンロードページへ

・直子の代筆とは
かつてはsharp「書院」などの専用ワープロに標準装備され、現在もwindows版などが市販されている「自動文書生成ソフト」です。 インターネット版は無料でご利用いただけます。