ビジネス文書と文例集なら直子の代筆
「直子の代筆」をダウンロード

直子の代筆は無料でご利用いただけます

無料で使える「直子の代筆」は時候の挨拶もふさわしいものを選択できます。 質問に答えるだけで 自動生成される手紙(ビジネス文書、挨拶文やスピーチ原稿)は、数百万通り!

「直子の代筆」を使えば質問に答えるだけで手紙の作成が自動でおこなわれ、テンプレートも自由に変更可能です。
◆ 七五三祝いの謝辞
 分野:スピーチ原稿 文例集
◆ 文例についての説明:
祝賀行事で使うスピーチの文例です。 七五三のお祝いでの挨拶のサンプル(例文、テンプレート)として、参考にしてください。
皆様、本日は百恵の七五三の祝いにお越しくださいまして有難うございました。百恵ならびに私ども家族に過分なお言葉を頂戴し恐縮です。
はじめての子供であることもあって、生まれたときは小さく見えて、本当に育つのだろうかと心配しましたが、幸い元気に育ってくれました。
「立てば這え、這えば歩めの親心」と申しますが、考えてみますと、あっという間に月日が流れ、もう7歳になってしまったのかと、なにか胸に来るものがございます。
こうして無事健やかに成長できましたのも、ひとえに皆様がたのご指導の賜と、この場を借りまして深く御礼申し上げます。
今後も変わらず、百恵ならびに私どもにご指導ご鞭撻下さいますようお願い申し上げます。
本日は有難うございました。

- ワンポイント -

男児は3歳と5歳、女児は3歳と7歳の時、将来の幸福を願い氏神様にお参りをします。
華美を競うようになったのは江戸時代からの風習のようです。この日宮参りをして氏子として承認されるわけです。昔は、子供が生まれてもすぐには人別帳には乗せず、この宮参りをもって記帳したようです。
祝いの品は当日に身に付ける小物類・靴・リボンなどが喜ばれます。他には玩具や学用品などが良いでしょう。
お返しは目上からの祝いは挨拶だけで良いことになっています。あとは当日に千歳飴・赤飯・菓子折りなどを持参します。

本例文を自動生成した「直子の代筆」では、質問に答えるだけで文書を作成します。 「直子の代筆」は以下より自由にダウンロードしてお使いいただけます。

直子の代筆 ダウンロードページへ

・直子の代筆とは
かつてはsharp「書院」などの専用ワープロに標準装備され、現在もwindows版などが市販されている「自動文書生成ソフト」です。 インターネット版は無料でご利用いただけます。