ビジネス文書と文例集なら直子の代筆
「直子の代筆」をダウンロード

直子の代筆は無料でご利用いただけます

無料で使える「直子の代筆」は時候の挨拶もふさわしいものを選択できます。 質問に答えるだけで 自動生成される手紙(ビジネス文書、挨拶文やスピーチ原稿)は、数百万通り!

「直子の代筆」を使えば質問に答えるだけで手紙の作成が自動でおこなわれ、テンプレートも自由に変更可能です。
◆ 離婚をした(これからする)人を慰める
 分野:文例集
◆ 文例についての説明:
個人的な手紙(パーソナルメール)の文例です。離婚これからする友人を慰める手紙の例文になります。
前略 10年の結婚生活を終えられるとのこと、何と申せばいいのでしょうか。危機にあることは感づいていましたが、第3者である私にはどうしようもありませんでした。力になれなかったことを残念に思います。

一度は愛し合ったとはいえ、しょせんは他人なのですから一日も早く過去とお別れしてください。過去にこだわっていてもはじまりませんよ。人生山あり谷あり。ここは開き直っていい方に解釈してください。また素晴らしい人に会えると考えればかえってよかったじゃないですか。哲人ラッセルなど奥さんの年齢がどんどん若くなっていったといいます。

力強く生きていかれることをお祈りします。ご自愛のほどを。

草々


- ワンポイント -

慰めという点では「お悔やみ」や「お見舞い」の手紙と似通ったところもありますが、慰める場合には相手に心からの同情を示しつつ、冷静な判断、客観的な視点にたったアドバイスが入ったり、ユーモアを交えたり、とにかく現状を打開しようと言う意志が入るところが特徴となります。

自分の経験を語って例にするのはかまいませんが、お説教口調になることは避けます。

本例文を自動生成した「直子の代筆」では、質問に答えるだけで文書を作成します。 「直子の代筆」は以下より自由にダウンロードしてお使いいただけます。

直子の代筆 ダウンロードページへ

・直子の代筆とは
かつてはsharp「書院」などの専用ワープロに標準装備され、現在もwindows版などが市販されている「自動文書生成ソフト」です。 インターネット版は無料でご利用いただけます。