ビジネス文書と文例集なら直子の代筆
「直子の代筆」をダウンロード

直子の代筆は無料でご利用いただけます

無料で使える「直子の代筆」は時候の挨拶もふさわしいものを選択できます。 質問に答えるだけで 自動生成される手紙(ビジネス文書、挨拶文やスピーチ原稿)は、数百万通り!

「直子の代筆」を使えば質問に答えるだけで手紙の作成が自動でおこなわれ、テンプレートも自由に変更可能です。
◆ ペットを失った人への慰めの手紙
 分野:文例集
◆ 文例についての説明:
個人的な手紙(パーソナルメール)の文例です。犬、猫などのペットを亡くした人に出す慰めの手紙です。
 ラッキーは残念でしたね。恵ちゃんは優しいから、ずっと落胆して何も手につかないのではないかと心配です。ラッキーは犬としては、恵ちゃんの許で幸福な一生を送ったのだと思いますけれど、でも恵ちゃんの悲しみには慰めにならないでしょう。13年のあいだ、ずっと一緒だったのですから。

犬と飼い主の絆は、なかなか他人には判らないものです。ある人に聞いた話では気丈な人でも、一年くらいは似た感じの犬を見かけると涙が滲むということです。無理に悲しみを紛らわせようとしないで、泣きたいときには泣いてあげて下さい。

ただ、どうか悲しみに沈むあまり、お身体を壊したりなさいませぬように、お気をつけ下さい。ではの冥福を祈って。

敬具


- ワンポイント -

愛犬や愛猫を失ったときは、過ごした年月に関わらず、とても寂しいものです。近年ではペットの供養の方が、先祖の供養より優先される傾向にあり、その滑稽さと共に家族の絆の希薄さと動物との絆の深さを思わせます。

時間の経過がないうちに会ったときは、なるべくペット関連の話は避けた方が無難です。最近はペットも長寿の傾向にあり、例えば犬の場合ですと小型犬では20年を生きるものが少なくありません。ブームになったシベリアンハスキーは平均寿命が8歳前後と短い方ですが、ポメラニアンなどの室内犬は20歳を越す犬も多くなったようです。だいたい平均して15歳前後くらいでしょうか。(これは統計をとる団体によって差がありますので、確定データではありません)

猫も同様で、奇禍に遭うことがなければ、かなり長く生きています。

ペットが長く生きるということは一緒にいる時間が長いと言うことであり、長生きしているのは個体の生命力に人間の手が加わっているということでもあります。

お年寄りでは鬱状態に入ったりする可能性がありますので、長生きしていたペットが死亡したときには、なるべく気をつけてあげて下さい。

本例文を自動生成した「直子の代筆」では、質問に答えるだけで文書を作成します。 「直子の代筆」は以下より自由にダウンロードしてお使いいただけます。

直子の代筆 ダウンロードページへ

・直子の代筆とは
かつてはsharp「書院」などの専用ワープロに標準装備され、現在もwindows版などが市販されている「自動文書生成ソフト」です。 インターネット版は無料でご利用いただけます。