ビジネス文書と文例集なら直子の代筆
「直子の代筆」をダウンロード

直子の代筆は無料でご利用いただけます

無料で使える「直子の代筆」は時候の挨拶もふさわしいものを選択できます。 質問に答えるだけで 自動生成される手紙(ビジネス文書、挨拶文やスピーチ原稿)は、数百万通り!

「直子の代筆」を使えば質問に答えるだけで手紙の作成が自動でおこなわれ、テンプレートも自由に変更可能です。
◆ お悔やみの言葉〔1〕(亡くなった本人と知合いの場合)
 分野:スピーチ原稿 文例集
◆ 文例についての説明:
スピーチの文例です。 葬儀、葬式、通夜、告別式などでの挨拶のサンプル(例文、テンプレート)として、参考にしてください。
このたびは、まことにご愁傷様です。
今川義元さんには、ひとかたならぬお世話になり、いつかきっとご恩返しを致したいと念じておりましたのに、急にこのようなことになってしまい残念です。
これからが期待されていた時であっただけに、奥様もさぞかしつらい思いでございましょう。

- ワンポイント -

一般にお悔やみの言葉や弔いの言葉は、挨拶の中でも最も難しいものとさけています。
それは弔う人と故人の関係・親しさの度合・地位などによっても内容が違うばかりか、亡くなった原因・年齢・残された遺族の立場によっても、それぞれ異なるからです。
ここで、必ず用いられる言葉は「御愁傷さまです」「お悔やみ申し上げます」で、
極端な場合、これだけでも構いません。
死因が普通でない場合は、とくに言葉遣いに注意してください。
また通夜や葬儀の場では決して口にしてはならない忌み言葉があります。おなじ文句を繰り返す、いわゆる重ね言葉というものなどです。

忌み言葉の例

かえすがえすも・くれぐれも・再び・重ねて・追って・たびたび・さらに・ついで・またまた、などです。
なお、宗教による言葉の使い分けにもご注意下さい。

仏教→「成仏」「ご冥福」「御供養」
キリスト教→「昇天」「天に召された」

本例文を自動生成した「直子の代筆」では、質問に答えるだけで文書を作成します。 「直子の代筆」は以下より自由にダウンロードしてお使いいただけます。

直子の代筆 ダウンロードページへ

・直子の代筆とは
かつてはsharp「書院」などの専用ワープロに標準装備され、現在もwindows版などが市販されている「自動文書生成ソフト」です。 インターネット版は無料でご利用いただけます。