ビジネス文書と文例集なら直子の代筆
「直子の代筆」をダウンロード

直子の代筆は無料でご利用いただけます

無料で使える「直子の代筆」は時候の挨拶もふさわしいものを選択できます。 質問に答えるだけで 自動生成される手紙(ビジネス文書、挨拶文やスピーチ原稿)は、数百万通り!

「直子の代筆」を使えば質問に答えるだけで手紙の作成が自動でおこなわれ、テンプレートも自由に変更可能です。
◆ 貸した本を返却するように催促する
 分野:文例集
◆ 文例についての説明:
個人的な手紙(パーソナルメール)の文例です。本を返すように催促する手紙等の例文になります。催促状、催促文の書き方がわからない時などのテンプレートとして、参考としてお使い下さい。
拝啓 時下ますますご健勝のほどお喜び申し上げます。

さて、さっそくですが、去年お貸ししました夏目漱石『坊ちゃん』を至急お返し願えませんでしょうか。実をいいますと本の整理をしたいと考えており、必要になったのです。返却期日が過ぎたと言うわけではないのですが、こういう事情ですのでよろしくお願い致します。恐れ入りますが『坊ちゃん』をお持ち下されば幸いと存じます。もちろんこちらの用事が済みましたら再びお貸し致しますので。

とりあえず書中にてお願い致します。

敬具


- ワンポイント -

催促の手紙は「督促文」とも言い、相手に約束の実行を迫る抗議の手紙の一種となります。これは「早くして」という切実な気持ちが伝わらなければいけません。弱気な書き方をしますと「まあ、遅れてもいいや」という気分を相手に与えてしまうからです。

「催促がましくて申し訳ないのですが」

「そちら様にもご事情はおありでしょうが」

などの言葉が、よく使われます。

本は高級品であることが少ないため、「忘れていた」という事故がよくおきます。これに対して強く非難すると、先方は開き直って人間関係が完全に壊れてしまうことがあります。

本例文を自動生成した「直子の代筆」では、質問に答えるだけで文書を作成します。 「直子の代筆」は以下より自由にダウンロードしてお使いいただけます。

直子の代筆 ダウンロードページへ

・直子の代筆とは
かつてはsharp「書院」などの専用ワープロに標準装備され、現在もwindows版などが市販されている「自動文書生成ソフト」です。 インターネット版は無料でご利用いただけます。