ビジネス文書と文例集なら直子の代筆
「直子の代筆」をダウンロード

直子の代筆は無料でご利用いただけます

無料で使える「直子の代筆」は時候の挨拶もふさわしいものを選択できます。 質問に答えるだけで 自動生成される手紙(ビジネス文書、挨拶文やスピーチ原稿)は、数百万通り!

「直子の代筆」を使えば質問に答えるだけで手紙の作成が自動でおこなわれ、テンプレートも自由に変更可能です。
◆ 記事原稿執筆の依頼
 分野:ビジネス文例集
◆ 文例についての説明:
ビジネス文書の文例です。 依頼の手紙(依頼文、依頼書)を書くときのサンプル(雛型、テンプレート、書き方の参考)にして下さい。
拝啓 時下ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。
さて唐突なお願いで恐縮ではございますが、弊社から刊行している月刊三国志に「赤壁の戦い」のテーマで記事を執筆いただきたくお願い申上げます。
月刊三国志は歴史ファンの読者層を持ち、主にサラリーマンを対象に誌面作りを行なっております。この度「赤壁の戦い」で記事を作成するに当って、よいライターはいないかと探しましたところ、作家の横山氏の紹介で良い方がいるということで、こうしてお手紙を差上げた所存です。スケジュールのご都合など余裕がおありでしたら、ぜひお願い申しあげます。
依頼させていただく記事は○月○日売りの月刊三国志で、締切りは×月×日となります。なおレイアウト、デザイン、図版作成などは弊社で手配いたします。原稿料は一ページ○円、掲載誌が発行された月末払いとなっておりまして、一ページの文字数は、20×30行でお願いしています。
後ほどお電話を差上げますので、よろしくお願い申上げます。
敬具


- ワンポイント -

雑誌の記事程度ですと、電話で依頼することの方が多いようです。その場合でも担当編集者は、ライターの仕事がどこまでかなどを知らせることはもちろん、進行表なども渡しておくと良いでしょう。ライターが手懸ける範囲は出版社ごとに違います。また、依頼したライターの記事を一度も読んだことがないというのは相手に対して失礼です。ライターのなかには自分の書いた記事を持参してくれる場合がありますので、それを読んでおきましょう。相手が、どのレベルで原稿を書くかという話合いの指標にもなります。なお執筆中のライターに無闇に電話をかけるのは執筆の邪魔となり非常識です。完成したものを書き直して貰った方が効率的です。

本例文を自動生成した「直子の代筆」では、質問に答えるだけで文書を作成します。 「直子の代筆」は以下より自由にダウンロードしてお使いいただけます。

直子の代筆 ダウンロードページへ

・直子の代筆とは
かつてはsharp「書院」などの専用ワープロに標準装備され、現在もwindows版などが市販されている「自動文書生成ソフト」です。 インターネット版は無料でご利用いただけます。