ビジネス文書と文例集なら直子の代筆
「直子の代筆」をダウンロード

直子の代筆は無料でご利用いただけます

無料で使える「直子の代筆」は時候の挨拶もふさわしいものを選択できます。 質問に答えるだけで 自動生成される手紙(ビジネス文書、挨拶文やスピーチ原稿)は、数百万通り!

「直子の代筆」を使えば質問に答えるだけで手紙の作成が自動でおこなわれ、テンプレートも自由に変更可能です。
◆ 保証人の依頼(身元、金銭、連帯など)
 分野:文例集
◆ 文例についての説明:
個人的な手紙(パーソナルメール)の文例です。 保証人のお願いの例文になります。 知人、親類縁者等に保証人になってもらう場合のお願いの手紙を書くときのテンプレートとして、参考としてお使い下さい。
拝啓 時下ますますご健勝のほどお喜び申し上げます。
さて、私この度店舗拡張の為に保証人が必要になりました。ご迷惑とは存じますが、保証人の件お引受けいただけませんでしょうか。もちろんその事に関しまして後々ご迷惑をおかけしないことをお約束致しますので、宜しくお願い致します。
本来おたずねしてからお願いするべきなのですが、ご内意を得たいと存じ本状お送り致した次第です。もしご承諾いただけるのでしたらさっそく必要書類を揃えてお伺い致します。なお、もしもご迷惑をおかけしてしまった場合は悪しからずお許しのほどを。突然このようなお手紙を差し上げ恐縮しておりますが、是非ご了承下さい。
略式ながら書中にてお願いまで。皆様のご健康をお祈り致します。
敬具


- ワンポイント -

遠慮した書き方をしようとして、結局「なにを書いているのかわからない」ということになりやすいのでご注意下さい。曖昧な表現では、相手に「読みとる労力」を煩わせて、かえって失礼になります。依頼の目的や範囲は、はっきりさせて下さい。
保証人というのは運命共同体の一方的依頼ですから、絶対に迷惑をかけないという意気込みを示すことが大切です。

本例文を自動生成した「直子の代筆」では、質問に答えるだけで文書を作成します。 「直子の代筆」は以下より自由にダウンロードしてお使いいただけます。

直子の代筆 ダウンロードページへ

・直子の代筆とは
かつてはsharp「書院」などの専用ワープロに標準装備され、現在もwindows版などが市販されている「自動文書生成ソフト」です。 インターネット版は無料でご利用いただけます。