ビジネス文書と文例集なら直子の代筆
「直子の代筆」をダウンロード

直子の代筆は無料でご利用いただけます

無料で使える「直子の代筆」は時候の挨拶もふさわしいものを選択できます。 質問に答えるだけで 自動生成される手紙(ビジネス文書、挨拶文やスピーチ原稿)は、数百万通り!

「直子の代筆」を使えば質問に答えるだけで手紙の作成が自動でおこなわれ、テンプレートも自由に変更可能です。
◆ 著名人に講演の依頼をする
 分野:ビジネス文例集
◆ 文例についての説明:
ビジネス文書の文例です。 依頼の手紙(依頼文、依頼書)を書くときのサンプル(雛型、テンプレート、書き方の参考)にして下さい。
拝啓 時下ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。
さてテレビ出演、ご講演などご活躍中の先生に、突然このようなお願いを申しあげることは失礼かとは存じますが、校長が先生の講演を聞いて是非○○中学校にお呼びしたいので、ご都合をお伺いする次第でございます。
日時およびテーマにつきましては先生のご意向を第一にさせて頂きます。御内諾賜りましたら、さっそくに担当者が、詳しい打ち合わせに伺います。
ひらに失礼をご容赦願い上げ、まずは書中にてお願い申しあげます。
敬具


- ワンポイント -

以前講演をしてもらったことがある場合は、単に「好評でした」だけでなく「こういう点が好評でした」というレポートを付け加えると良いでしょう。その際、他の講演者と間違うことの無いようにして下さい。
こちらが必要に迫られ一方的に講演を依頼する場合、依頼するテーマや日程は相手に決めてもらうのが普通です。こちらの予定を相手に一方的に押しつけるような形になりますと、感情を害する場合があります。前に頼んだことがある場合や、個人的な知り合いだったり紹介者がいる場合、相手が気さくなタイプと判っている場合などは、ケースバイケースで処理して下さい。
遠方の場合、宿泊先は手配しておくなどの配慮が必要です。また「翌日は担当者が名所をご案内致しますので観光がてらお越し下さい」などとしても良いでしょう。

【例文】
すでにご令息の××様からお聞き及びとは存じますが、当社も今年で五十周年を迎えます。その記念にあたって中堅社員を対象に先生に講演をお願い致したく、ご都合をお伺いする次第です。

本例文を自動生成した「直子の代筆」では、質問に答えるだけで文書を作成します。 「直子の代筆」は以下より自由にダウンロードしてお使いいただけます。

直子の代筆 ダウンロードページへ

・直子の代筆とは
かつてはsharp「書院」などの専用ワープロに標準装備され、現在もwindows版などが市販されている「自動文書生成ソフト」です。 インターネット版は無料でご利用いただけます。