ビジネス文書と文例集なら直子の代筆
「直子の代筆」をダウンロード

直子の代筆は無料でご利用いただけます

無料で使える「直子の代筆」は時候の挨拶もふさわしいものを選択できます。 質問に答えるだけで 自動生成される手紙(ビジネス文書、挨拶文やスピーチ原稿)は、数百万通り!

「直子の代筆」を使えば質問に答えるだけで手紙の作成が自動でおこなわれ、テンプレートも自由に変更可能です。
◆ 監修・原稿執筆の依頼を断る
 分野:ビジネス文例集
◆ 文例についての説明:
ビジネス文書の文例です。 辞退書のサンプルです。 断りの手紙、断りの文書のテンプレートとしてお使いください。
お手紙拝見しました。お返事申し上げます。「面白歴史新聞○月号」コラム執筆の件につきまして、興味があるのはやまやまですが、残念ながらご辞退申し上げざるを得ません。
私の専門は戦国時代なので、ご依頼の平安時代のような雅の世界につきましては勉強不足なのです。
どうか事情をご賢察賜りまして、あしからずご了承下さい。次の機会には万障繰り合わせてご期待に応えるつもりでおりますのでよろしくお願い致します。
取り急ぎ上ご返事まで

- ワンポイント -

月刊誌の場合などは、特に締切がシビアです。断る返事は、すぐに出して下さい。(代わりの執筆者、監修者を探す時間が必要です)
依頼を断る理由を書くのは必要ですが、あまり長く書くのはいけません。また理由として多忙を全面に押しだし過ぎると嫌味になります。
頼まれた用件が2件以上の場合は、両方とも断るのか、1件だけ受けるのか、1件だけ受けるのなら受けるのはどちらの件かを、明確に書いて下さい。

例文(多忙の言い訳文)
いろいろと重なってしまい、夢の中で書いた原稿が現実になると良いのにと本気で思う有様です。

身体が二つでは足りません。10とは言いませんが6つは欲しいところです。おそ松くんが羨ましい

猫の手も借りたいと申しますが、いまの私は犬でも猫でも、借りられる手なら何でも借りたいところです。

猫の手も借りたいと飼い猫に「手を貸せ」と言ったら「前足しかニャい」と断られ、断末魔の呻きをあげています。

自由業は自己管理も仕事のうちと申します。ご依頼のテーマは一度じっくりと取り組みたいと思っていたテーマですので、いまの日程ではお受けするわけにはいきません。ベストコンディションで臨めるまでお待ち頂けないでしょうか。

確かに興味のあるテーマなのですが、某誌からの仕事を受けてしまったばかりなのです。一度受けた以上、覆すわけには参りません。そこで同業の大某さんをご紹介します。ご存じかとも思いますが月刊テグレット出身のフリージャーナリストで国際評論の専門家であり、辛口コラムで定評のある方です。

本例文を自動生成した「直子の代筆」では、質問に答えるだけで文書を作成します。 「直子の代筆」は以下より自由にダウンロードしてお使いいただけます。

直子の代筆 ダウンロードページへ

・直子の代筆とは
かつてはsharp「書院」などの専用ワープロに標準装備され、現在もwindows版などが市販されている「自動文書生成ソフト」です。 インターネット版は無料でご利用いただけます。