ビジネス文書と文例集なら直子の代筆
「直子の代筆」をダウンロード

直子の代筆は無料でご利用いただけます

無料で使える「直子の代筆」は時候の挨拶もふさわしいものを選択できます。 質問に答えるだけで 自動生成される手紙(ビジネス文書、挨拶文やスピーチ原稿)は、数百万通り!

「直子の代筆」を使えば質問に答えるだけで手紙の作成が自動でおこなわれ、テンプレートも自由に変更可能です。
◆ 新しい地域に支社または会社を出したことを祝う
 分野:ビジネス文例集
◆ 文例についての説明:
ビジネス文書の文例です。 祝賀状、お祝いの手紙を作成をする場合のテンプレートに、書き方の参考にお使いください。
拝啓 時下ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。
さて、この度は未来の副都心、臨海都市に支店をご開業の由、心からお祝い申し上げます。今後いっそうのご発展計画に敬服いたしました。
謹んでご精励をご期待申し上げ、ご成功の祈りを込めてお祝いの品を別便にてお届けいたします。どうかご笑納ください。
まずは書中にてお祝いのご挨拶を申し上げます。
敬具


- ワンポイント -

日付は「平成○年×月吉日」というようにしてもかまいません。「枯れる」「傾く」などの忌み言葉(この場合は会社の前途を想像させるような言い回し全般に留意して下さい)を避けます。とくに気候の挨拶文で「落ち葉の舞う季節となりました」や「冬枯れの今日この頃」としてしまわないよう注意します。

本例文を自動生成した「直子の代筆」では、質問に答えるだけで文書を作成します。 「直子の代筆」は以下より自由にダウンロードしてお使いいただけます。

直子の代筆 ダウンロードページへ

・直子の代筆とは
かつてはsharp「書院」などの専用ワープロに標準装備され、現在もwindows版などが市販されている「自動文書生成ソフト」です。 インターネット版は無料でご利用いただけます。