ビジネス文書と文例集なら直子の代筆
「直子の代筆」をダウンロード

直子の代筆は無料でご利用いただけます

無料で使える「直子の代筆」は時候の挨拶もふさわしいものを選択できます。 質問に答えるだけで 自動生成される手紙(ビジネス文書、挨拶文やスピーチ原稿)は、数百万通り!

「直子の代筆」を使えば質問に答えるだけで手紙の作成が自動でおこなわれ、テンプレートも自由に変更可能です。
◆ 得意先、取引先の会長、社長、役員などの長寿を祝う
 分野:ビジネス文例集
◆ 文例についての説明:
ビジネス文書の文例です。 祝賀状、お祝いの手紙を作成をする場合のテンプレートに、書き方の参考にお使いください。
拝啓 時下ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。
さて、お聞きしますところによれば、貴社白水重千代会長はこのほど白寿をめでたく迎えられ、まことにめでたくお喜び申し上げます。
今なお第一線にたって精力的なご活躍ぶりに、白寿などまだまだ先のことかと存じておりました。会長の若々しさは羨ましい限りでございます。
今後もますますご自愛下さって、第一線でのご活躍を心よりお祈り申し上げます。
尚、心ばかりのお祝いのしるしを同封しました。ご笑納下されば幸いと存じます。
まずは書中にてご祝辞申し上げます。皆様のご健康とますますのご発展をお祈り致します。
敬具


- ワンポイント -

普通のお祝い状は早くだしても問題はないのですが、長寿のお祝い(寿賀)に関しましては、誕生日かその直後に出すようにしましょう(お祝いの前に祝賀状が届くと不吉とされています)。

なお、これは人づてに聞いたのですが、書道学者の、故藤原楚水先生が108才の頃に、「100才まではちゃんと仕事が出来たが、さすがに100才をこえると少々しんどいね」とおっしゃったそうです。まこと人生の奥深さを感じさせられるお言葉ですね。

本例文を自動生成した「直子の代筆」では、質問に答えるだけで文書を作成します。 「直子の代筆」は以下より自由にダウンロードしてお使いいただけます。

直子の代筆 ダウンロードページへ

・直子の代筆とは
かつてはsharp「書院」などの専用ワープロに標準装備され、現在もwindows版などが市販されている「自動文書生成ソフト」です。 インターネット版は無料でご利用いただけます。