ビジネス文書と文例集なら直子の代筆
「直子の代筆」をダウンロード

直子の代筆は無料でご利用いただけます

無料で使える「直子の代筆」は時候の挨拶もふさわしいものを選択できます。 質問に答えるだけで 自動生成される手紙(ビジネス文書、挨拶文やスピーチ原稿)は、数百万通り!

「直子の代筆」を使えば質問に答えるだけで手紙の作成が自動でおこなわれ、テンプレートも自由に変更可能です。
◆ ビジネス相手の趣味の分野での受賞祝い
 分野:ビジネス文例集
◆ 文例についての説明:
ビジネス文書の文例です。 祝賀状、お祝いの手紙を作成をする場合のテンプレートに、書き方の参考にお使いください。
ビジネス相手の趣味の分野での受賞祝い

拝啓 時下ますますご清祥の段、お喜び申し上げます。
さて、この度は新人作家の登竜門直子賞をみごと獲得なされました由、本日の新聞で拝読致しました。誠におめでとうございます。
常々趣味の域を出ていないようにご謙遜の言葉ばかり伺っておりましたが、習熟した技量や奥行の深い含蓄あるテーマは、芸術として十分な評価を得られるものであると確信しておりました。今回の受賞を、このうえなく嬉しく思っております。
どうぞ、今後も一層ご精励下さいまして、さらに至高の目標を目指されますようお祈りいたします。
まずは上、書中をもって受賞のお祝いを申上げます。

敬具


- ワンポイント -

当選された本人は非常に喜んでおりますので、まず最初にお祝の言葉を述べます。これまでの努力を讃え、その成果を賞賛しまする形式が一般的です。

相手の性別・年齢・職業・地位・学歴などに応じた内容にします。白々しいお追従は相手の気分を害します。また自分の方の愚痴や不幸は絶対に書かないで下さい。

よくある話ですが、「あの馬の絵は素晴らしいですね」「…………あれは犬なんです」というパターンのギャグを地で行かないように注意して下さい。「シュールレアリズムの良さを認識しました」と書いたところ、本人は写実主義のつもりだったではシャレになりません。(その意味では作品を見て祝辞を述べるより、きちんと調査した後、手紙文で祝辞を述べた方が無難です)

本例文を自動生成した「直子の代筆」では、質問に答えるだけで文書を作成します。 「直子の代筆」は以下より自由にダウンロードしてお使いいただけます。

直子の代筆 ダウンロードページへ

・直子の代筆とは
かつてはsharp「書院」などの専用ワープロに標準装備され、現在もwindows版などが市販されている「自動文書生成ソフト」です。 インターネット版は無料でご利用いただけます。