ビジネス文書と文例集なら直子の代筆
「直子の代筆」をダウンロード

直子の代筆は無料でご利用いただけます

無料で使える「直子の代筆」は時候の挨拶もふさわしいものを選択できます。 質問に答えるだけで 自動生成される手紙(ビジネス文書、挨拶文やスピーチ原稿)は、数百万通り!

「直子の代筆」を使えば質問に答えるだけで手紙の作成が自動でおこなわれ、テンプレートも自由に変更可能です。
◆ 相手会社が受賞したことを慶ぶ祝い
 分野:ビジネス文例集
◆ 文例についての説明:
ビジネス文書の文例です。 祝賀状、お祝いの手紙を作成をする場合のテンプレートに、書き方の参考にお使いください。
拝啓 貴社ますますご盛栄のこととお喜び申し上げます。
さて、このたび「ノーヘル賞」の栄に輝かれおめでとうございます。
アメリカ支社設立の記念すべきおりに、重ねてこのような栄誉に輝かれますのも、社長をはじめ、日頃の皆様のたゆまぬご努力の結晶と、心からお祝い申し上げます。
いつも御親身なお取引でお世話になっております私どもといたしましても、光栄の至りでございます。
どうぞ今後ともさらなるご精励ご発展をなさいますよう、お祈り申し上げます。
まずは略儀ながら書中を持ちまして、「ノーヘル賞」ご受賞のお祝いを申し上げます
敬具


- ワンポイント -

受賞を知ったら、早く出して下さい。「略儀、書中を持ちまして」という言い回しは「本当は駆けつけてお祝いを言いたいところですが、いま時間がとれないから」という時に使います。
「後日、あらためて参上の上、ご祝辞を申し上げたく思います」
と続けることもあります。
また相手が目上の場合には「拝眉の上、ご祝辞を申し上げたいと」とすることもあります。

本例文を自動生成した「直子の代筆」では、質問に答えるだけで文書を作成します。 「直子の代筆」は以下より自由にダウンロードしてお使いいただけます。

直子の代筆 ダウンロードページへ

・直子の代筆とは
かつてはsharp「書院」などの専用ワープロに標準装備され、現在もwindows版などが市販されている「自動文書生成ソフト」です。 インターネット版は無料でご利用いただけます。