ビジネス文書と文例集なら直子の代筆
「直子の代筆」をダウンロード

直子の代筆は無料でご利用いただけます

無料で使える「直子の代筆」は時候の挨拶もふさわしいものを選択できます。 質問に答えるだけで 自動生成される手紙(ビジネス文書、挨拶文やスピーチ原稿)は、数百万通り!

「直子の代筆」を使えば質問に答えるだけで手紙の作成が自動でおこなわれ、テンプレートも自由に変更可能です。
◆ 両親へ花嫁の手紙(思い出編)
 分野:スピーチ原稿 文例集
◆ 文例についての説明:
スピーチの文例です。花嫁が送る両親への手紙の例文になります。花嫁の手紙のテンプレートとして参考にお使いください。
お父さんお母さん、○年間本当にお世話になりました。今こうしていると○年間の思い出が走馬灯のように頭の中を駆け巡ります。嬉しかったこと、悲しかったこと、楽しかったこと、辛かったこと。どの思い出も今では私の大切な宝物です。
お父さん、幼稚園のとき私が三輪車で転んで頭から地面に突っ込み、1回転したときのことを覚えていますか。手をすりむいて頭には大きなタンコブができてしまいました。お父さんがものすごい顔で走ってきました。転んで痛かったのもあるけど、お父さんの鬼のような形相にびっくりして泣いてしまったのを覚えています。慌てて医者に連れて行ってもらったのはいいけど、帰ってからお母さんに
「三輪車はどうしたの?」と聞かれて
「あっ、公園に置きっぱなし」と取りに戻りましたね。
あの時のお母さんの口あんぐりとお父さんのしまったという表情が目に焼きついています。

高校卒業と同時に東京に出てしまい、たったの18年しか一緒にいられませんでした。だけど離れて暮らすようになってからの方が、お父さんとお母さんのありがたみを実感しています。

私はお陰で○年間本当に幸せでした。今日から私はジローさんと力を合わせて幸せな家庭を築いていきます。これからも私たちを見守っていてください。そして今までと変らぬ楽しいお父さんとお母さんでいてください。

- ワンポイント -
-
内容はしっかりと吟味して、内輪受けにならないように気をつけましょう。
主語を明確にすることも大切です。
「この思い出は父? 母? それとも両親?」と、列席者が混乱しないよう、ポイントごとに主語を入れるようにしましょう。

一生に一度の結婚式。きれいな言葉を並べたくなってしまうかもしれませんが、これは両親への感謝の手紙です。いつも通りの自分の言葉で書きましょう。
逆に人を感動させよう、笑わせようなどとするとかえって聞いている方がウンザリしてしまいます。
素直な言葉はきっと気持ちが伝わるでしょう。

本例文を自動生成した「直子の代筆」では、質問に答えるだけで文書を作成します。 「直子の代筆」は以下より自由にダウンロードしてお使いいただけます。

直子の代筆 ダウンロードページへ

・直子の代筆とは
かつてはsharp「書院」などの専用ワープロに標準装備され、現在もwindows版などが市販されている「自動文書生成ソフト」です。 インターネット版は無料でご利用いただけます。