ビジネス文書と文例集なら直子の代筆
「直子の代筆」をダウンロード

直子の代筆は無料でご利用いただけます

無料で使える「直子の代筆」は時候の挨拶もふさわしいものを選択できます。 質問に答えるだけで 自動生成される手紙(ビジネス文書、挨拶文やスピーチ原稿)は、数百万通り!

「直子の代筆」を使えば質問に答えるだけで手紙の作成が自動でおこなわれ、テンプレートも自由に変更可能です。
◆ 不倫相手(男)の妻に対する抗議文
 分野:文例集
◆ 文例についての説明:
個人的な手紙(パーソナルメール)の文例です。不倫相手の男性の奥さんに対する抗議文です。。抗議文の書き方、抗議文の文例として参考にしてください。抗議文の作成をする場合のテンプレートにお使いください。
前略 ごめんくださいませ。

私は貴女の御主人とは以前から男女の関係にあります。貴女の愛が他の男性に移ったことを知って絶望した結果と言えます。もちろん太郎さんは優しい人ですから、貴女を責めたりはなさらなかったことでしょう。でも太郎さんにとって、家庭は冷たい牢獄のようなものだったようです。彼は冷え切った家庭の代償を外部に求めました。具体的には私との精神的な繋がりに安息を見いだしたのです。

本来、安らぎの場所は『家庭』に無くてはなりません。それを受けとめる者が私であってはならないのです。太郎さんも、随分と悩まれたようです。察してください。

さて、こうして私がお手紙を差し上げる事情は、もうおわかりかと存じます。私には子供が出来ました。子供のためにも太郎さんと結婚して新しい安らかな家庭を作りたく思います。どうか太郎さんと別れてください。聡明な貴女のことですから、こうした場合、関係の修復が不可能なことはお判りいただけることでしょう。私と太郎さんを引き裂けるものは何もありません。
上、御願いまで。お返事を心からお待ちいたしております。

かしこ


- ワンポイント -

感情的にならずに書くことが大切です。冷静な心で文章を工夫しますが、文句を言うべきところは、はっきりと述べます。事実関係や証拠などは、明確にさせるために箇条書きにしてもかまいません。ただし主観的にならず、客観的に判断して下さい。相手に善処してもらうように懇願します。

よけいなお世話ですが、法律上から判断すると「不倫」は夫婦の貞操義務を違反させる不法行為になります。訴訟を起こされた場合、だいたい50万から300万くらいの慰謝料が必要になる場合もあります。つまり貴女の行為が、正常な家庭の維持を困難にさせた悪事と見なされるということです。

本例文を自動生成した「直子の代筆」では、質問に答えるだけで文書を作成します。 「直子の代筆」は以下より自由にダウンロードしてお使いいただけます。

直子の代筆 ダウンロードページへ

・直子の代筆とは
かつてはsharp「書院」などの専用ワープロに標準装備され、現在もwindows版などが市販されている「自動文書生成ソフト」です。 インターネット版は無料でご利用いただけます。