ビジネス文書と文例集なら直子の代筆
「直子の代筆」をダウンロード

直子の代筆は無料でご利用いただけます

無料で使える「直子の代筆」は時候の挨拶もふさわしいものを選択できます。 質問に答えるだけで 自動生成される手紙(ビジネス文書、挨拶文やスピーチ原稿)は、数百万通り!

「直子の代筆」を使えば質問に答えるだけで手紙の作成が自動でおこなわれ、テンプレートも自由に変更可能です。
◆ 身内の重態を知らせ、見舞に来てもらう
 分野:
◆ 文例についての説明:
身内で重態(重体)の人がいる事を知らせて、お見舞いに来てもらう場合の文例です。 病気を知らせる手紙・葉書・メールを出す場合のテンプレートとして、参考としてお使い下さい。
 父三郎が今朝がた、腎不全のため重態に陥りました。現在、医師の手当てを受けておりますが衰弱のため予断は許されない状態です。

まだ本人の意識がありますので、なにとぞ面会にいらしてはいただけないでしょうか。お忙しい中をご無理を申し上げますが、よろしくお願い致します。父も勇気づけられることと思います。**大学病院の東病棟の427号室におりますので、自宅の方に連絡のつかない場合は、こちらにご連絡下さい。病院の電話番号は00-XXXX-XXXXです。

取り急ぎ、上、お願いまで

敬具


- ワンポイント -

緊急の事態ですので、時候の挨拶は省略します。症状を詳しく書いて、死に目にあえないという事態にならないよう、来訪を促します。心配させないように配慮すると、「なら、まだ大丈夫」と思われ、あとから「水くさい、危篤になったのに知らせてくれなかった」と恨まれることもあります。電話や電報の利用も良いでしょう。

電報なら「三郎キトク。こられたし」で、用件は伝わります。

本例文を自動生成した「直子の代筆」では、質問に答えるだけで文書を作成します。 「直子の代筆」は以下より自由にダウンロードしてお使いいただけます。

直子の代筆 ダウンロードページへ

・直子の代筆とは
かつてはsharp「書院」などの専用ワープロに標準装備され、現在もwindows版などが市販されている「自動文書生成ソフト」です。 インターネット版は無料でご利用いただけます。